車を降りずに安心・安全・新鮮なお野菜を。業務用生果卸のフードサプライが、新型コロナ対策「ドライブスルー八百屋」をスタート。

外食むけ業務用青果卸のフードサプライが、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを開始しました。

外食向けに青果の卸業を営むフードサプライ(東京都大田区、代表取締役:竹川敦史)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、接触を極力無くした安全な方法で野菜をご提供する「ドライブスルー八百屋」を開始いたします。ドライブスルーで人との接触を最小限に抑えた形で商品のご購入が可能。新型コロナウイルスの影響により余剰となった野菜をお得に詰め合わせ、「もったいない野菜セット」として販売いたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接触を極力無くした安全な方法で提供する「ドライブスルー八百屋」を開始いたします。商品は当社の東京物流センター(東京都大田区)もしくは千葉物流センター(千葉県野田市)まで車でお越しいただければ、ドライブスルーの要領でお客様は下車することなくトランクにスタッフが積み込みを行いますので、待ち時間が無く人との接触を極力避けることができます。

「スーパーマーケットでの購入は接触が不安だ」「ネットの注文は送料がかかるのでどうしても割高な上、現在は注文が集中しておりすぐに届かない」そういった方々にも満足してご利用いただけるサービスとなっております。

販売するのは、飲食店への青果卸売を行う当社の目利きで選んだ、新鮮な野菜を詰め込んだ「もったいない野菜セット」。今回は5000円(税込)でお米、玉子などを含んだ野菜セットを4月9日、11日各センターに200セットご用意しました。

売切れ次第終了とさせていただく為、メールにて事前にご予約いただくのがおすすめです。

新型コロナウイルスの影響で外食産業の売上が激減する中、飲食店向けに青果を栽培する全国の契約産地でも商品が余り、このままでは多くの野菜が廃棄となってしまう危機的状況を迎えています。それらの野菜をお得に詰め合わせ、お客様に安全安心な方法でお届けたいとの想いから企画いたしました。

今後、売れ行きを見て、商品ラインナップは拡充予定。また、野菜のみならず、同様に影響を受けている食肉や海産物のセット展開も検討しております。

≪セット内容≫

・もったいない野菜セット5,000円(税込)

国産米5kg、玉子(青森県)、キャベツ(鹿児島県)、新玉ねぎ(佐賀県)、

新じゃがいも(鹿児島県)、新人参(徳島県)、さつまいも(千葉県)、きゅうり(千葉県)、長ねぎ(茨城県)、大根(静岡県)、レタス(静岡県)、サニーレタス(静岡県)、

水菜(茨城県)、ミニトマト(宮崎県)、ぶなしめじ(長野県)、まいたけ(長野県)、

リンゴ(青森県)、バナナ(フィリピン)、ゴールドキウイ(ニュージーランド)

※内容は一例、天候不順などにより変更になる可能性がございます。

≪販売日時≫

2020年4月9日(木)、11日(土)各日11:00~15:00

各センターに200セット売切れ次第終了

※4月11日以降も週2回の販売を予定しております。

≪引き渡し場所≫

・東京物流センター

東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田2F

・千葉物流センター

千葉県野田市中根319

当日引き渡し場所へお越し頂きましたら弊社スタッフがご案内いたします。

≪ご購入方法≫

購入時現金のみの対応

売切れ次第終了とさせていただく為、メールにて事前にご予約いただくのがおすすめです。

ご予約受付:4月5日10時~

■ 予約専用メールアドレス:drive-through@foodsupply.co.jp

■ ドライブスルー八百屋ホームページ:http://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/

■フードサプライ

会社名 株式会社フードサプライ

代表取締役 竹川 敦史

本社所在地 〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F

東京物流センター 〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田2F

千葉物流センター 〒278-0031 千葉県野田市中根319

[YASAI LIFE LINE FOOD SUPPLY]

千葉・東京・埼玉・神奈川を中心に全国に業務用野菜の卸売販売を行う。いち飲食店では仕入れが難しい全国の農家の生産物を集約し、農家と飲食店のパイプ役となって新鮮で安全安心な青果を、安定的に飲食店に供給する仕組みを展開。大手の飲食企業を含め、現在およそ4,500店舗で利用していただいています。

http://www.foodsupply.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ