~化粧品は新たに18ブランドを加え京都地区最大に、インターナショナルブティックはブランド数が倍増~

株式会社ジェイアール西日本伊勢丹(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 代表取締役社長:浅田 龍一)が運営する「ジェイアール京都伊勢丹」は、2018年12月の地下1階食料品フロアの増床リモデルを皮切りに、2~5階のファッションフロアを中心としたリモデルを実施し、『世界最高のグローカルストア※』を目指して2020年2月26日(水)にグランドオープンいたします。

→詳細はこちら(PDF)

https://www.isetan.mistore.jp/content/dam/isetan_mitsukoshi/site/wjri/event_calendar/other/press0226.pdf

※「グローカルストア」:地元京都でその感性と価値を高め(ローカル)、世界基準のファッションを充実させた(グローバル)、デパートメントストア

(1)婦人ファッションフロア(2階~5階をリニューアル)

お客さまの関心を捉え、商品カテゴリーごとの面積を大きく変更し、「インターナショナルブティック」や「化粧品」カテゴリーの面積を拡充。

「化粧品」は、面積を倍増させ京都地区最大化。18ブランドを新規に加え、40ブランドに。世界最旬の環境と専門性の高いサービスをご提供出来る体制になりました。

「インターナショナルブティック」は、これまでの1階に加え、2・3階にもフロアを拡大し3層化。ブランドラインナップが倍増し、選択肢が広がりました。

「婦人服」は、年齢に縛られず好きなファッションを選ぶお客さまに応え、ファッションテイストや、お客さまの感性をもとにフロアやゾーンを再編。

2階 化粧品
2階 インターナショナルブティック(ティファニー)
2階 婦人雑貨
4階 婦人服

(2)食料品フロア(地下1階をリニューアル)

お客さまの日常を彩る、スイーツなどの品揃えバリエーションを地域一番に。地下1階を約2,000平方メートル 増床。

「和洋菓子」「和洋酒」「パン・カフェ」の選択肢が豊富になり、より楽しんでいただけるフロアになりました。

(3)サービスについて

「一期一会」の精神で、スタイリストがお客さまに寄り添った店に。

専門性とおもてなしに磨きをかけたスタイリストを要となるお買場に重点的に配置。これまで以上にお一人おひとりのご要望に寄り添ったサービスを目指します。

海外からのお客さまも大切に。

京都を訪れる海外からの旅行者も大切なお客さまと考え、Tax-Freeカウンターも新しく。自動免税機を導入し、お客さまのストレスとなる免税手続きのスピードアップを図りました。

(4)リモデルの全体構成について 

リモデルの全体構成イメージ

ジェイアール京都伊勢丹 リモデルの経緯

2018年12月5日(水) 地下1階 食料品フロア増床リモデルオープン

2020年2月26日(水) 2~5階 婦人ファッションフロア増床リモデルオープン

__________________________________________________

●店舗情報

店舗名称:ジェイアール京都伊勢丹

所在地:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル

営業フロア:地下2階~地上11階

運営:会社株式会社ジェイアール西日本伊勢丹

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ