垣田 達哉

垣田 達哉

消費者問題研究所代表/食品問題評論家 1953年岐阜市生まれ。横浜市在住。1977年慶應議塾大学商学部卒業。1997年独立し、消費者問題研究所代表。2004年、学校給食用食材の安心安全を確保するための協力者会議委員に任命され『学校給食のための食品「安全・安心」マニュアル』(全国学校給食連合会)の執筆者の一人として参加。 食品問題のプロフェッショナル。放射能汚染、中国食品、O-157、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や、食育、食品表示問題の第一人者として、テレビ、新聞、雑誌、講演などで活躍する。「ビートたけしのTVタックル」「世界一受けたい授業」「クローズアップ現代」「ひるおび」「ミヤネ屋」など、テレビでもおなじみの食の安全の探求者。『一冊でわかる食品表示』(商業界)など著書多数で、7月1日に新刊『面白いほどよくわかる「食品表示」』(商業界)が発行された。

記事

オススメInformationPR

商業界セミナーのご案内