「ちょっと物足りない」くらいがちょうどいい

 同じ食事を取っても、内臓の働きを整える「体内時計」が朝型に調整されていれば、太りにくいことが分かっています。朝型になるためには、10時間の絶食を破る「ブレックファースト」を同じ時間に取ることが重要。

 7時に朝食を食べる人は、21時には食事を終了するとベター。夕食を90分と決めれば、スタートは19時30分。お酒を飲む日は、少しでも繰り上げられば上出来。。。。

 でも、分かっちゃいるけれど、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。

 食事時間が遅くなるときは、「ちょっとアルコール濃度の薄い」お酒、もしくは、「ちょっと1杯飲む量」を減らして、摂取アルコール量を調整すればよいのです。

翌朝に残さないことが重要です!

 そして、いつもより白湯をこまめにしっかり飲んで、ゆっくり湯船に使って胃腸を温めて質の良い睡眠を。

 これで、翌日の目覚めが違います。

 お酒は適量を楽しくおいしく飲めば最高のリラックス効果をもたらします。

 ただし、翌朝に残さない。これが健康と太らないコツです。

 夏休みシーズンも間近ですね!ぜひ楽しい、ヘルシー、ウチ飲みライフを!