好きなゴルフを楽しむため、1時間早起きして段取りをする

 

 プロが2時間前に到着してしっかり準備しているわけですから、本来であれば、アマチュアはプロ以上にストレッチをやらなくてはいけないところだと思います。プロの2時間の標準的な内訳は着替え10分、ストレッチ50分、ショット練習30分、パット練習30分といわれています。

 そこでアマチュアは1時間早起きして90分の余裕を持ち、チェックイン10分、着替え10分、ストレッチ40分、パット15分、ショット15分のゆったりできる状態になりたいものです。

 もし、到着時間が遅れた場合、ストレッチ、パット、ショットの優先順位でやります。ストレッチ時間を短くすることは避けましょう。体を動く状態にして、ゆったりした気持ちで、呼吸も整っている状態でスタートホールのティーグランドに立ちたいものです。1時間の早起きというデメリットと良いスコアというメリット、てんびんにかけるとどっちが重いでしょうか?