シャレた素材、デザインのアームカバー、なぜないの?

 と、読者の皆さんはここに商機があるとお気付きでしょう。

 せっかく身につけるのならシャレた素材、デザインのアームカバーが、もっとあってもよい気がします。今、市販されているアームカバーは価格ありきの無地がほとんどで、あとはボーダーがあるくらい。帽子やグローブのように、自己主張のある素敵なアームカバーがもっとあったってよいはずです。

 ただ、機能面にも細心の注意が必要。某量販店が開発したというネックホルダーはオリジナル商品でフェイスまでガードできるらしいが、ガードすると熱がこもってしまって暑くて着けていられない代物らしいのです。

 例年、春先から活況づくUV対策市場も、まだまだデザイン、機能とも開発の余地のある有望市場といえると思います。

UV対策ファッションで「宇宙人」をなくせ!

 時々、帽子、メガネ、ネックホルダー、アームカバーまでフル装備して車を運転している姫方をお見掛けしますが、その体はまるで「宇宙人」。ご本人も仕方なしに身につけているだけなのでしょうが。

 そこに本人の身につける喜びと、見る側の好感がマッチした、UV対策ファッションが完成すれば、この猛暑特需に右往左往しなくてもよい日が訪れるかもしれません。