会員はweb上で申し込む

近年、飲食業では「サブスクリプションサービス」が注目されつつある。この「subscription」とは、「定期購読」という意味の英語で、飲食業の場合、定額制または月額制サービスのことを意味している。あるサービスを限定としてその料金を支払うと一定の期間、通常よりお得なサービスが受けられる、というものだ。この今日の動向の先駆けといえる株式会社favy(東京・新宿区、社長/高梨巧)が展開する「coffee mafia」の事例を詳しく紹介しよう。

ビジョンは「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」

西新宿店は、オフィス街と住宅地の境目に立地

 favyはデジタルマーケティングの専門家と食の専門家が集まる集団で「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」ことをビジョンとしている。事業内容は主にグルメサイトの運営やホームページ作成のサポートだが、同社では飲食事業も展開している。

 その一つが「coffee mafia」(コーヒーマフィア)。「マフィア」とは「人の集まり」という意味で、「company」の類義語である。2016年10月、この1号店が西新宿にオープンした際に「月額2000円定額制」(税込、以下同)が導入された。会員になれば「クイックカップコーヒー」を月に何杯でも無料で飲むことができるというものだ。

 今年の4月には飯田橋に2号店がオープン。ここから「定額制」をコーヒーマフィアのどの店でも利用できるようにして、かつ対象のコーヒーを以前のMサイズからLサイズにサイズアップ。2000円の料金を改めて、3000円と6500円の2つのサービスを設けた。

 それぞれのサービスの内容は以下の通りである。

■全店共通月額3000円会員の内容

・通常1杯300円のラージサイズコーヒーをいつでも無料で提供

・お得にご利用いただける夜メニューを用意(18時以降)

・通常1杯400円のビール・ハイボールをいつでも280円で提供

*会員券は会員本人のみの利用/コーヒーの提供は来店1回につき1杯まで/夜の特典は会員の連れの人にも適用される

■全店共通月額6500円会員の内容

・全てのソフトドリンクをいつでも無料で提供(スペシャルティコーヒーを除く)

・お得にご利用いただける夜メニューを用意(18時以降)

・通常1杯400円のビール・ハイボールをいつでも280円で提供

*会員券は会員本人のみの利用/コーヒーの提供は来店1回につき1杯まで/夜の特典は会員の連れの人にも適用される