厚生労働省のデータによれば、平成26年時点で専業主婦世帯は687万世帯、1114万世帯が共働き世帯と発表されています。数値は昭和55年時点とほぼ逆転、女性の社会進出や雇用形態の変化、少子高齢化など複合的な要因で、共働き世帯の割合は今後も増加していくと推察されます。

 この連載では実際に共働きしている家族を料理・買物・生活という切り口で取り上げ、どんな日常を送っているのかショートエピソード形式で毎週お届けします。

第2話 妊婦・真奈の目線

>第1話 ディンクス理系男子・学の目線

 妊娠してから、ありとあらゆる匂いに敏感になった。

 特に苦手なのは、鮮魚売場と出口にあるお惣菜コーナーだ。生臭さは妊婦になる前からも苦手だったけれど、今までならおいしそうに感じていたフライの匂いが、こんなに辛いとは知らなかった。

 いつも仕事帰りに寄っていたスーパーでは妊娠発覚以降、口呼吸で何とか買物をしていた。最近はつわりがひどくなり、それすら無理で夫の学くんに買物をお願いしてしまっている。

 朝と帰りの満員電車のむわっとした空気も辛いため、一駅ずつ降りては休みを繰り返し、必死に帰宅。布団に倒れ込みながら、ギリギリの状態でLINEを打つ。

「気持ち悪い」「早めに帰って何か作るよ。何が食べられそう?」

 吐き気で頭がぐるぐるしながらも必死に考える。家にある食材が無駄にならずに、学くんでも作れそうなもの。彼が食べる分のレトルトカレーのストックならまだあったはずだ。

「マッシュポテトかな」

ーーー

 彼は結局、スーパーに寄り道して、自分用にアジフライ弁当を買ってきたようだった。

 匂いが嫌だから家に避難してきたのに、まさか逃げてきた元凶のフライと家でも再会するとは。

 あぁ、でも彼は全く悪くない、今の私に余裕がないだけなのだ。分かっているはずなのに、それでも少しイライラが言葉に含まれてしまう。

「ほら、そこの棚に袋が入ってるでしょ? その袋に野菜を入れておくと、ちょっと長持ちするんだよ」

 それにしても、なぜ男の人は目の前にあるものに限って見えないのだろう。毎日その棚からインスタントコーヒーを取り出しているのに。

ーーー

 レシピ通りの学くんの料理はおいしいよ。そう伝えると、とてもうれしそうにはにかんで笑ってくれる彼の顔が私は好きだ。

 一仕事を終えたその肩越しには、使われたキッチンがよく見える。

 びしゃびしゃに水が飛び散った床。使いかけで放置されたピーラーと包丁が置かれたままのまな板。多分、そのまま誰も残りを飲まないであろう常温放置厳禁の牛乳。

 レシピにはいつも肝心なことが書いていない。

 ふぅ、と腰を上げる。料理の後片付けをするのは、いつも私だ。

>第1話 ディンクス理系男子・学の目線

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>第3話 中間管理職・優樹の目線

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この連載では、エピソードの元になる共働き生活(料理、買物、外出)についてお話を聞かせていただける共働き家族を募集しています。

 内容はあくまでもエピソード形式での紹介となり、個人情報が特定されない形で、お住まいなどのプライバシーに配慮した上で編集して掲載させていただきます。

 連載についてのご意見やご感想、またエピソードの提供にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、こちらまでご連絡ください。

 採用させていただく場合には、編集部より折り返しご連絡した上で、ささやかな謝礼としてAmazonギフトカードをプレゼントいたします。