さて、あなたはピグマリオンとゴーレム、どちらになってしまいがちですか?

「私は、少なくともゴーレムじゃないと思うな」

 本当にそうでしょうか。

 とかく人は、他人の長所より短所の方が目につくものです。

「あいつはダメだ!」
「この子は使えない!」
「イマイチなのよね~」

 部下に対するそういった「不満」や「批判」が実は、その人を“イマイチ人間”にしているのかもしれませんよ。

 ピグマリオン効果を活用したいなら、あなたの中の相手に対するネガティブな決め付けをまず手放しましょう。そして、相手の成長や可能性を確かめ、「きっとこういう人になるだろう」というポジティブなイメージができたら、それを信頼することです。

 ポイントは「もっとやる気を出せ」とハッパをかけるのではなく、「この仕事はあなたに任せれば安心だ」と期待を込めた言葉をかけること。叱咤激励が先にくるのではなく、部下の可能性を信頼することが先だということです。

 また、褒める場合は、「よくやったね」と言うよりも、「あなたの○○はとても良かったよ」と、具体的に相手に伝える方がより効果的だということも頭に入れておいてくださいね。