山山と深い谷

 今、話題をさらっている2018年6月21日に誕生した、お台場の「森ビルディング デジタルアートミュージアム」。ここは、世界初のデジタルアートの常設展示施設で、延べ床面積約1万㎡、520台のコンピュータと470台のプロジェクターを使った広大な空間です。ここで体験できるデジタルアートは、私にとって今まで味わったことがない世界で、驚きの連続でした。

テーマは「ボーダレス」、5つの世界があります

 森ビルとチームラボが共同で運営するこの施設には世界初公開作品を含む約50作品が展示されていますが、そのテーマは『ボーダレス』。作品そのものが、廊下を歩き、他の部屋に移動したり、鑑賞者が触ると変化したり、二度と同じものは味わえません。館内案内や、順路もなく、どこをどういったらよいやらウロウロしてしまいます。

 せっかく来たんだから全部を観たいと思うのですが、果たして全部観られるかしら。5つの世界があることだけは分かっていましたので、とにかく行ってみようと歩き始めました。

 まず会場を入ると境目のない「花の森」に分け入ります。ここは「Borderless World」。

花の森
 

 壁の花を触ると、花弁が散り、流れ落ちる滝の所に行くと滝の水が私の体をよけて流れます。作品は、他の作品と混ざり合い、影響し合い、鑑賞者の存在で変化する。体ごと溶けていくようなその世界は外のリアルな世界の季節とも連動しているということです。