年々規模が拡大し、ファッション業界においても不可欠になったネット通販。店頭に立つスタッフにとっては時にはライバルであり、時には心強い味方でもあります。ライバルであっても味方であっても相手のことを知っていないと対策や協力はできないもの。改めてEC(電子商取引)のシステムや現状を勉強してみましょう。

 接客の覆面調査に近い方法で14サイトの商品を実際に購入し、サイト作りや梱包などを細かく調査・評価しました。

〈他企業はこちら〉

[9]ベイクルーズストア――
リアル店舗で買物している気分になれる快適サイト

http://baycrews.jp

ベイクルーズストアのトップページ。ニュースや特集が上部に表示されるサイトが多い中、ここは人気商品やランキングなど商品画像を持ってきているのが良い。

 前身であるスタイルクルーズは2007年にサービスを開始し、スマホアプリも開発してオンラインストアとしては順調に運営しているように見えたが、16年にベイクルーズストアとしてリニューアルした。このときサイト運営上不利になると思われるドメイン名の変更も敢行したが、新しい機能を追加しパワーアップしたのが同サイトだ。

 とにかく表示が早く、ストレスなく商品ページやマガジンページを見られるのがいい。今回の調査の中では最もストレスを感じない作りのサイトだった。店舗在庫の確認において、結果が即表示されるのはうれしい。

 マガジンページも読み応えがある内容になっており、買物の参考になる。他社サイトでは「特集」と銘打っていても開いたページは読み物ではなく、そのカテゴリーに該当する商品一覧が表示されるだけというケースもある中、マガジンの内容にも同社が培ってきたアイデアや編集力が詰まっているのを感じた。

 一方で残念なのがスマホアプリ。現在でもアプリはダウンロードできるようになっておりサイトを見ることもできるが、会員情報の連携ができない。ただしブラウザからアクセスした場合は問題なく、スマートフォンからでも購入が可能。

 全体的にはオンラインストアでありながらショップで買物をしている感覚になれる楽しいサイトだ。