ゴルフはいい状態が続かないですね。腕が落ちてくるタイミングと腰の動きがちょっとズレルとスライス、ヒッカケ両方出ます。ゴルフは微差を許してくれないスポーツです。

 ドローヒッターのトーナメントプロでさえスライスの逆玉を出しますね。そんなとき、プロは「原因は分かっているのですが・・・」と言います。これ、原因が分かっていない証拠です。原因が分かっていたら、逆玉は出ないはずです。原因追求が甘いんです。経営の現場も同じ、原因を分かった気になっている人、多いです。

 今回は加速するスイングを題材に原因追求を徹底的にやってみました。インパクトが終わった後、ビュンと音がする憧れのスイング、加速するスイング。できるようになりたいですね。

加速するスイングを誤解していませんか?

 加速するスイングって、早いスイングと思い込んでいませんか? それって、「加速するスイング=フルスイング」と思っているからです(原因追究1)。この誤解を解かないと、加速するスイングは手に入りません。

 加速するとは、進むにつれ速度が加わることです。従って、始動がゆっくりでないと加速するスイングは生まれないのです。早いスイングとは異なるのです。加速するスイングはフルスイングだけでなく、パット、アプローチ、アイアン、ドライバー等全てのショットに求めていくべきものなのです。

 始動、切り返しのとき、腕に力が入り、渾身の力で振り始めている人を見掛けますが、これでは加速するスイングを手に入れることは不可能です。加速するスイングは徐々に速度が増すことで、再現性が上がり、方向の安定感を増し、その結果スイートスポットでのヒット率が高まり、飛距離も伸びるのです。

まず、アプローチショットで加速するスイングを実感

 アプローチショットは振り幅が狭いため加速するスイングを実感しやすいので、アプローチから加速するスイングを取り組むことが一番よいと思います。物事の理解や変革を促すにはその反対のことを理解するとうまくいくと言われているので(原因追求2)、減速するスイングの検証からスタートします。減速するアプローチの典型的動作はインパクト周辺でキュッと止めようすることですね。

 これが起きてしまう理由はバックスイングが大き過ぎたり、早過ぎたりすると本能的に止める動きをしてしまうからです(原因追求3)。結果、強くインパクトが入り過ぎて、距離が合わない、ザックリ、トップが起きるのです。

 加速するスイングはこの反対をやればよいのです。ゆっくり始動し、ゆっくり切り返し、ヘッドの重みを感じてフォローを大きくしたスイングをします。このとき、加速を実感するために、バックスイングの振り幅を1とするとフォロースイングの振り幅を2とします。フォロー幅を2倍とるのです。この方法を行うと必ず加速するスイングになります。この動きを強く意識しているのが横峯さくらプロです。彼女はアプローチ、パットではフォロースイングの振り幅の方がバックスイング幅より必ず大きいのです。

 フォロー幅を2倍とることを簡単にできない人は、アプローチの練習時、バックスイングを取らず、そのままボールを押し出す練習をするとよいでしょう。この練習は腕で押すのではなく、右腰で押すための練習です。腕で押していては加速するスイングは生まれません。この練習結構難しいですよ。