シングルさんのゴルフ場での姿はいつ見ても格好いいですね。何か雰囲気があります。この『格好いい』を解明して真似したいと思いました。格好いい仕草を何となく見ても真似できないので、どんな仕草を見つけると格好いいと自分は思うのか、ゴルフ場練習グリーンでシングルさんを観察することにしました。

 レッスンプロに教えてもらってもその通りになかなかできないですね。ゴルフは理論・技術を理解し、稼働域を改善、筋肉を鍛え、意識もコントロールしなくてならないので、上達の道のりは遠いですね。

 でも身近のシングルさんの格好いい仕草はその気にさえなれば真似できると思ったのです。形から入ってみようと思いました。ゴルフ上達への道はいろんな入り方があっていいと思います。

 企業経営でもベンチマーク企業(目標とする企業)を持って、観察し続けることは重要ですよね。

練習グリーンで格好いい仕草を3つ発見しました!

 似て非なるものがゴルフ。全く同じ仕草を真似したいので、シングルさんの格好いいと思った姿を動作レベル(手の動き、足の動き、腰の動き等)で観察した結果、格好いいと思う仕草を3種類発見しました。

①打ったボールを見送る仕草が格好いい

 シングルさんはパターでボールをヒットした後、ボールが転がり始めるとき、ほんの一瞬の間があり、顔だけがグリーンをなめるようにボールを追います。そして、ボールがカップ周辺に行くまで前傾姿勢を維持し、その後、上半身を起こすのですが、その姿が格好いいのです。

 一方、ハイハンデの人は打ったボールを見送るとき、すぐに上半身が起き上がります。間がないその姿は格好悪いです。

 この打ったボールを見送る仕草は、ティショット、セカンドショット、アプローチ等、全てのショットで見ることができ、格好いいのです。このときの心の中をシングルさんに尋ねると、『前傾を維持するために腹筋に力を入れ、我慢している』という答えが返ってきました。あらためて前傾って大事なんだと自覚しました。前傾を維持しようとする動作は格好いいのです。

②グリーンにあるボールを取り上げる仕草が格好いい

 カップインしたボールを取るとき、シングルさんは上半身を腰から曲げ、片方の足に重心が乗った状態で、膝がほんの少し曲がる姿勢でボールを取ります。背筋が伸び、姿勢がよいのです。その仕草が格好いい。

 一方、ハイハンデの人は腰を落とし、膝を曲げ、しゃがんだ状態でボールを取ります。これ、非常に格好悪いです。

 よくよく考えるとこの格好いい仕草は『グリーンのカップ周りを踏まない』というマナーからきていますね。カップの近くに立たないでカップインしたボールを取り上げようとすると自然とこの動作になります。

 この動作はティアップするときも同じです。シングルさんは腰から曲げ、しゃがみ込みません。アマチュアはしゃがみ込んでティアップします。格好いい動作は腰にいつも意識があり、姿勢がよいのです。

 懇意にしているトレーナーから『格好よく歩きなさい』とよく言われます。格好いい歩き方とは腰で歩くことです。ファッションショーのモデルは腰で歩くために頭の上に本を乗せ歩く訓練をするそうですが、同じです。ティアップ、ボールのピックアップ、歩行等、常に腰への意識があり、姿勢がよいと格好いいのです。

③歩数が同じでリズムがよいと格好いい

 グリーンにボールをセットし、ラインを読む姿を見ているとシングルさんはリズムが一定なのです。具体的にいうとボールの後ろからラインを読み、アドレスするまでの歩数がいつも同じなのです。

 一方、ハイハンデの人はアドレスまでのプロセスはバタバタして安定感がありません。

 これはティアップのときも同じです。ティグランドで打つ方向をボール後方から確認し、アドレスするまでの歩数、歩き始める足(右足か、左足か)も同じなのです。アドレスまでの歩数を同じにすることでリズムを一定にし、スイング自体のリズムをよくしようとする動作が格好いいのです。

格好いい仕草はスイングの前後にある

 人間の動作は、準備・段取りの前動作、本動作、後始末の後動作の3つに分かれます。ゴルフでいえばスイングそのものが本動作です。今回の格好いい仕草は前動作、後動作で発見できました。皆さんも、スイング周辺の前・後動作をその気で見てみませんか?『格好いい』を発見できるかもしれません。

ベンチマーク企業を持ち、その企業の動向を観察し続ける

 ベンチマーク企業とは、自社が目標したい企業をいいます。ベンチマーク企業を持ち、その企業の動向を観察し続け、変化を把握することが大切です。自社の経営革新のヒントを教えてくれます。

 そのとき、注意すべきことは、現象的に把握できた変化を真似するだけでなく、その背景、理由を考えることです。その背景、理由は変化の重要性を教えてくれ、また、その応用の仕方も教えてくれるのです。