2010年に出店した「無印良品イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)が移転増床され、3月20日にリニューアルオープン、約1300坪の「無印良品」の世界最大店舗が登場した。

この店舗では興味深い新たな取り組みがいくつも展開されており、今後の無印良品の方向性がはっきり提示されている。次代を見据えたターニングポイントとなる店舗だ。

 

(食品編)スーパーマーケットが丸ごと入った!

 

 中でも注目されるのが食品売場。オリジナルの調味料などの加工食品や菓子などを取り扱う従来の店舗とは大きく異なり、野菜、肉、魚の生鮮品や惣菜から日配品、加工食品、酒まで取り扱い、ベーカリーも導入されている。

 いわば丸ごとスーパーマーケット(SM)が収まる形で展開されており、他社のメーカー品も投入されており、様相が一変した。

 この予兆は昨年7月の「無印良品有楽町」(東京都千代田区)で、50坪の売場で野菜や果物、加工食品の販売を開始したときにさかのぼるが、このときは栽培方法にこだわる生産者から農産物を直接仕入れ、以前から取り組んでいる全国各地の「旬の食」「地域の調味料」「地域のモノ」を紹介する「諸国良品」をコーナー化するなど、限定的な展開だった。

 今回はそれを大きく凌駕する食品事業への本格的な参入となる。オリジナルの企画から製造、物流、販売までのSPA(製造小売り)のビジネスモデルからも離れて、協同事業者とも組んで商品を調達し売場を運営している。

 SMゾーンは約360坪、小型のSMと同程度の規模で、入り口に一番近いところに青果、壁面に沿って鮮魚、精肉、惣菜の売場が展開され、中央にその他の商品が配置されている。