「なみのわガレージ」地元企業が数多く出店

瀬戸内・広島のものづくりカルチャーを集積・発信し 「ヒト」と「モノ」がつながる場所として新たなセレクト編集型ショップ「SAKKAZAKKA(サッカザッカ)」。瀬戸内・山陰のものづくりが集結し、105坪の店内には100を超える作家や企業が集まる、今までにない一大ものづくりショップ。ワークショップスペースも備え、毎日何かが体験でき、ほぼ全ての商品をカスタマイズやオーダーメイドできる。
広島・瀬戸内エリアの企業の特色のあるショップも目白押しだ。ルームシューズとクッションの専門店「はぎもの舎」は、東京・浅草の「まるごとニッポン」に続く2号店。枕などに入れる「ソフティル」という独特な素材が売り物で萩原(メーカー)のアンテナショップ。広島市の縫製工場「八橋装院」が発信するファクトリーブランド「FUKUNARY」はバッグ、財布、ポーチを販売する初の常設店。サンビーが展開する刃物専門店「丞(TASUKU)」はこだわりの包丁、まな板をはじめ、刃物を中心とした各種キッチン用品を取り扱う。「石田製帽」は明治30年創業の老舗で、職人が一つ一つ丁寧に帽子を作成する。
地元の企業も出店している。フタバ図書は広島を中心に全国に店舗を展開する大型書店。雑貨や広島東洋カープのグッズも販売している。外車ディーラー「コンクエスト」は8ブランドの外車を取り扱い、各ブランドの中古車1台ずつ展示している。ミニカーや文具、バッグやおもちゃなどのブランドグッズもそろえている。
「東急ハンズトラックマーケット」「トイザらス」「島村楽器」はレギュラー店舗での出店。
広島市を中心に24市で構成される広島広域都市圏の情報発信拠点「V BASE(ブイベース)」(約14坪)。60種類のパンフレットを用意するなど、エリア内の観光やイベント、自治体などの情報を発信し、地域の特産品、広島ブランド、グッドデザイン受賞品、合計35アイテムを展示する。
広島の人材派遣会社サンケイの事業所で、仕事に関する相談窓口「ここからはたらくステーション」。派遣社員が常時2人滞在し、館内の緊急な派遣要請にも対応する。
「広島電鉄 70系電車」を「ステーションコート」中央に設置している。最新技術を駆使したプロジェクションマッピングを展開、 路面電車と床に11台のプロジェクターを設置し、電車全体と床を巨大スクリーン化している。スマートフォンから簡単な操作をするだけで、自分なりにカスタマイズ したプロジェクションマッピングも楽しめる。