「よりみちマルシェ」地域の食を幅広く紹介

広島・瀬戸内の農水物の加工品や果物、菓子などを販売する「瀬戸内TRIP(トリップ)」。170坪の売場に約1700アイテムを展開する。オープン日は、無農薬の柑橘類の詰め放題を実施していた。われせんべい200円が売れ筋ナンバーワンで、高知の「ミレービスケット」170円は人気が高いが、地域産品はこれから期待する。イベントスペースやデジタルサイネージも設けてトークショーなどのイベントも開催、エリアの情報も積極的に発信する。ベンチャーの電動バイクメーカー「ツバメ・イータイム」(山口県岩国市)などユニークな地域企業の紹介にも力を入れていく。
 
広島銘菓の「もみじ饅頭」は、「にしき堂」と「藤い屋」の2店舗が出店している。にしき堂は生洋菓子、藤い屋は揚げたてのアンドーナツも販売する。パティスリー MATILDA(マチルダ)が手掛ける「marco Chocolaterie(マルコショコラトリー)」、ワッフル・バームクーヘン「櫟 kunugi」と広島の人気店も誘致した。
サンクゼールは、「サンクゼール」と「久世福商店」の2業態のアウトレットで出店している。ビッグサイズの商品やアウトレットだけの限定商品も投入。ジェラートとおとうふドーナツの店頭販売も実施する。
台湾の人気タピオカドリンク専門店、「KOI Thé(コイザ)」は、海外のイオンモールのテナントだったことから今回の出店につながった。今後はこうした展開も相互に増えてくるだろう。
約50席のイートインスペースとキッズスペースを設けている。