レトロ感が漂う飲食店街「東京大塚 のれん街」が誕生

 大塚の街歩きの楽しさをフォローするのが同じく5月9日にオープンした「東京大塚 のれん街」である。ここはOMOと都電をはさんだ向かい側に位置する飲食店街である。9つの古民家を活用して、それぞれ特徴の明快な専門店を誘致した。具体的には海鮮居酒屋、寿司店、やきとん居酒屋、ホルモン焼肉、鶏業態、焼鳥、たこ焼き、餃子酒場、スナックである。

 ここをプロデュースしたのはスパイスワークス(代表、下遠野亘氏)とGood market&shops(代表、清水暁弘氏)である。両社は2017年3月ここの先駆けとなる「ほぼ新宿のれん街」(東京・代々木)をオープンし、7棟の古民家が集まる1ブロックをレトロ感が漂う飲食店街に再生した実績を持つ。そのユニークな試みが注目されて、この度のプロジェクトを担当することになった。

 ここの総監修を務めた下遠野氏はこのように語る。

スパイクワークス代表の下遠野亘氏

「由緒ある木造建築であれば後世に残っていくことでしょうが、古くて何ら特徴のない住宅などは、どんどん壊されて消されていくことが常でした。しかし、これらの建築物はリノベーションを大切に行うことによって、年月がそれらに味を与えて、由緒ある木造建築なみの価値を生み出し、文化となります。これまで誰もが気付かずに通り過ぎてしまっていたのが、ふと足を止めてしまうような懐かしさを感じられる風景を残して、その街の歴史を大切にしたい」

 このような志を持ってプロデュースを行っているために、出店者は一般公募ではなく両社とのつながりの中で誘致されたという。そこで出店者同士の結束は深く、この飲食店街はオープンしてにわかに運命共同体に似た空気感を発散している。

のれん街に突然現れた似顔絵師

住む人も訪れる人にとっても快適な街を目指す

 さて、これら大塚北口エリアの再開発を進めているのは地元に本拠を置く山口不動産である。このエリアを「泊まる場、遊ぶ場、住まう場というあらゆる場を創出し、人と人、人と街がつながることで、居住者とこの町に訪れる人々の日常がもっと豊かに、笑顔で過ごせること」をコンセプトとした「ba」(=being&association)と名付けている。この「ba 01」が「泊まる場」のOMO5、「ba 02」が「集う場」の東京大塚 のれん街、「ba 03」が「住まう場」として高級賃貸マンションの「ba apartment」を設けた。

 今回のプロジェクトについて同社CEOの武藤浩司氏はこう語る。

「大塚はかつて花街として栄えていましたが、近年では『降り立ったことのない』という人も多いであろう地味な雰囲気になっていました。これを活気のある街にしたい、皆が心地よく過ごせる場にしたい、という思いで立ち上げました」

 その意思表示を発信するためにOMO5の1階に同社初の飲食業となる「eightdays café」をオープンした。店名の由来は「1週間が8日あるように感じられるほど居心地がいい場所」というものだ。朝から深夜まであらゆるオケージョンに対応するオールデイダイニングである。クールな内装とホスピタリティのマインドを感じる接客には、これまでの大塚のイメージを抜本的に覆すものがある。