(撮影)室川イサオ

4回にわたって、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、イオンのサラダチキン、計24品の試食レポートをお送りしてきました。(食べ比べるまではこんなに違うとは、思いませんでした。)いよいよ、「サラダチキン選手権」のベスト3を発表します。総合ランキングは接戦。同点3品を改めてランク付けしました!

【このシリーズの記事はこちらからもお読みいただけます】(1)優れているところ編、(2)セブン‐イレブン編、(3)ローソン編、(4)ファミリーマート編、(5)イオン編

総合1位はイオン「純輝鶏 サラダチキン プレーン」

荘司邦昭(デザインデプト東京9392)


 純輝鶏のしつこくない味と臭みのなさ。際立っていました。

 食材としてフレッシュな生野菜と一緒に食べたくなるヘルシーな味です。

 大きめな一口サイズの「切れてるタイプ」もあります。「ほぐしたタイプ」に比べて、サラダだけでなく、唐揚げや炒め物や煮物などにも料理にも使いやすくて料理に便利。さすが、総合スーパーやスーパーマーケット(SM)で販売している商品、お客さまの利用シーンをよく考えていますね。

「ちゃんと作らなきゃ」という手作りのプレッシャーから、欠食や飲み物だけ、お菓子で済ますなど、偏った食事になることが実は多いのです。特に忙しい朝、加工品だって上手に使って、まずは「食べること」から始めましょう。

 この商品、価格はコンビニ3社の商品よりも高いですが、「純輝鶏」を使う健康への配慮は、「これなら使ってもいいかな」と気持ちがラクになります。

総合2位はファミリーマート「3種のハーブ&スパイス国産鶏サラダチキン」


 イオンとは用途が全く異なり、丸ごとむしゃむしゃ食べるにはこれです! 肉がおいしい。

 ハーブ味のドレッシングがかかったような味が多い中、このサラダチキンはしっかり香辛料としてハーブが効いていました。ハーブの香りで肉の臭みも消えて食べやすかったです。

 おにぎりだけ、パンだけの朝ご飯にチキンのたんぱく質をプラスすると「時間栄養学」的には理想的。太りにくいよう体内時計が朝型にしてくれます。しかも、同じチキンでも、ファミチキや唐揚げよりはちょっとヘルシー。「朝チキン」ぜひ!

 塩にこだわるなど、チキンの進化が著しいファミマなので、今後は本格ハーブになったり、さらにおいしくなるのでは! 期待します!

総合3位はファミリーマート「淡路島藻塩の国産鶏サラダチキン」


 今回、唯一の「塩味」。こだわりの藻塩は、シンプルながら好感が持てる味でした。

 癖がないのでシニア世代のサラダチキン入門編でも抵抗なく食べやすいのではないでしょうか。千切りキャベツと合います。レモンを絞ると味が締まります。

 しっかりと歯応えがあるので、1個まるごと食べる場合、女性やシニアには大き過ぎるかもしれませんね。食べ切りパックでもう少し小ぶりのタイプがあると、買いやすいですね。