こんにちは、「人の印象の専門家」の吉武利恵です。

 どんなに良い中身を持っていても、印象で損をしていたら、チャンスを逃してしまうかもしれませんよね。

 お客さま、取引先、社内など、対面で相手に与える印象が重要なのは分かっているし、印象アップはしたいと思っているけれども、

・ヘアチェンジや洋服チェンジにお金がかかりそう。

・仕事が忙しいから、印象アップに費やす時間がない。

・そもそも、どうすればいいか分からない。

 こんな悩みはありませんか?

 実は、お金も時間もかけずに瞬時に印象をアップさせる「技」があります。

 誤解がないように先にお伝えしておくと、印象は人と比べるものではなく、100のポテンシャルを持っている人の印象を、できるだけ100に近づけることが印象のマネジメントです。今回お伝えするのは、今のあなたの印象を1割~3割ほどアップさせて、100のポテンシャルに近づける「技」です。では、その方法をご紹介します。

「凛々しい」「凛とした」印象の共通点とは?

「凛々(りり)しい男性」や「凛とした女性」を想像してみてください。

 想像したその人の印象は「良い」or「悪い」のどちらでしたか?

 8割以上の方が「良い」と答えるのではないかと思います。

 凛々しさや凛としたイメージが与える印象は、「男らしい」「真っ直ぐ」「芯が通っている」「信頼できる」「安心できる」「安定している」「頼りになる」「堂々としている」「ポジティブ」「前向き」などです。

 実は「凛々しい」や「凛とした」印象には共通点があります。

 それは“姿勢の良さ”です。

 背筋がピンと伸びた姿勢は「芯が通った」「真っ直ぐ」な印象を与え、ブレない体は「安定感」「頼れる」印象を与えます。 

 中には、姿勢の良し悪しで、やる気や仕事への姿勢を判断する人もいます。残念ながら、悪い姿勢にポジティブなメッセージはないのです。