1位「淡路島藻塩の国産鶏サラダチキン」

 
荘司邦昭(デザインデプト東京9392)

ミネラルたっぷりの「藻塩」に好感! 

 藻塩を使っているだけあって、塩味はしっかり感じますが、決して強過ぎず、鶏肉の臭みが取れて風味が際立っていました。プレーンではなく「塩味」としての主張はありました。

 パンやサラダだけでなく、焼き鶏の塩味感覚でおにぎりなどお米にも合う万能な味。そのままでもいいですが、スパムむすびのように、スライスしておにぎりの具や手巻き寿司にも使えます。ごろっと肉厚で食べ応えもしっかりあります。食べてみると、予想外のシンプルな味(すみません!)に好感が持てました。

 藻塩とは海藻から作る塩で、通常の海水から作る塩に比べて、カルシウム、マグネシウムといった若さや免疫アップに必要なミネラルが豊富で、体に優しい良質な塩です。減塩ブームですが、塩が全て悪いわけではありません。適度な塩分は交感神経を優位にしてやる気を起こす活力の源ですから、頑張らなくちゃいけない日の朝や昼にお薦めです。鶏胸肉に含まれるイミダペプチドの疲労回復効果で、効果倍増。