(撮影)室川イサオ

試食第3回はファミマです。最近は「ライザップ」コラボの低糖質商品や「バターコーヒー」など、話題のダイエット商品を次々と打ち出していますね。が、やはり、ファミマの食品売上げナンバーワンは現在も「ファミチキ」。サラダチキンに関しても、他2社とは違うオリジナリティを感じました。サラダチキンのラインアップはコンビニ最多の6種類! バリエーション豊富。スティックおつまみの「お母さん食堂シリーズ」2種、ライザップコラボも加えて9種類! では、早速試食レポート開始しましょう!

 パッケージの裏面の成分は以下の通りです。

ファミマのサラダチキン栄養成分表示(100g当たり) 価格:各239円(税込258円)※1パック110gの3種のハーブ&スパイスとタンドリーチキン風は比較のために100g当たりで計算。

 薄味のセブン、ローソンが蒸し鶏や鶏ハムという食材寄りの味にしているのに対して、ファミマはしっかり味がついています。食材としてアレンジするというよりは、スナック的にそのまま食べられる「肉系おやつ」。一方で、コンビニで全て国産の鶏肉を使用しているのはファミマのみ。価格は最も高く、最安値のセブン-イレブンとは約40円違います。

 この違いはどこにあるのか?スペックだけでなく、食べないと語れませんね。

 まずはサラダチキン6種類を、「パッケージを開けてそのまま」食べ、その感想を、「肉の食感」「満足感」「健康への優しさ」「他にはない新しさ」「使いやすさ」「また食べたい」の6項目、5段階で評価。

 合計点で勝手にナンバーワンを決定しました。もちろん、あくまで個人的な感想ですのでご了承ください!