ナンバーワンはこれ!

荘司邦昭(デザインデプト東京9392)

ジューシーで国産、ロカボのポイントも押さえている

 1位は「プレーン」。ジューシーでキメが細かく柔らかです。胸肉というよりはモモ肉に近い食感でパサつきもありません。表記を見ると脂質が4.6%とリッチです。鶏胸肉(皮なし)は脂質1.9g、 もも肉(皮なし)は5gです(日本食品標準成分表2015年版七訂)。

 ロカボに重要なポイント、塩分1.7g、炭水化物1.2gとしっかり抑えてあります。ヘビーユーザーには安心ですね。

 原材料をタイ産から国産にリニューアルしたとのこと。鶏肉は国産ニーズの高い肉なのでユーザーの声に応えたのでしょうね。利用頻度の高いコンビニで選択肢が増えることはとてもうれしいことですね。加工肉の課題である調味料、添加物についても「健康ステーション」としてますますの進化を期待します。

 サラダチキンとしては、ガシガシと歯応えのある「胸肉感」がもう少し残っていてもいいかと思い、「肉を食べた!」という満足感は3点としました。