ゴルフというスポーツはいろんな場面で体を止めることと動かすことを同時に行います。例えば、始動のとき、肩はゆっくり縦回転をしますが、右膝は絶対動いてはいけません。このとき、脳からの指令は『肩は動け、腕には力入るな、腰はまだ動くな、右膝も止まれ』です。この『止める・動かす』を同時に行うのがゴルフの特徴です。

 私は分析を【全てのことを分けて考える】ことと言っています。膝、腰、肩の動きについて分けて考え、脳の指令通り、動き、止まるようにしたいですね。今日の話しは私たち中高年のボケ防止にも役立ちます。

3種類のトレーニングをしてみましょう!

 今回紹介するトレーニングは止めること、動かすことを同時に行う訓練です。ゴルフの動きでキーとなる膝・腰・肩をコントロールし、ゴルフクラブという振りづらい道具を使って、切れのあるスイングを手に入れるには、このトレーニングが不可欠です。このトレーニングをするとクラブを振るのではなく、振れてしまう感覚が分かります。これから3種類紹介していきます。

①膝・腰を止め、肩を動かす

 鏡(窓ガラスでも可)の前に立ち、短いクラブを持って(クラブ無しでも可)、アドレスし、前傾姿勢を取ります。膝、腰を動かさないと決め、肩のみゆっくり縦回転します。パットの動きです。手首が両膝を過ぎるくらいの間隔まで肩を左右に動かします。鏡を見て、膝、腰が動いていないか確認します。慣れていない人は膝が動いてしまいます。また、手首の返しをしてしまう人もいます。注意してください。松山英樹プロのパットの姿勢、動きがこの典型例です。脳からの指令通り、膝・腰を止める、肩を動かすことを同時に行う訓練です。簡単なトレーニングですが、初めてやると結構難しいですよ。3つのトレーニングの中では一番簡単なものですが、でも最初できない人は5割くらいいると思います。この動きは腹筋を鍛えてくれます。

②膝・肩を止め、腰を動かす

 鏡の前でアドレス・前傾姿勢を取り、膝、肩を動かさないと決め、腰だけ横回転します。腰は左右とも30度まで動くはずです。右腰の30度引く動きはトップへの動きであり、そこから右腰を元に戻す動きは切り返しのスタートの動きです。膝を止め、腰を動かすことは大変難しく、膝を止めるためには両足の親指がしっかり地面をつかんでいないとできないことが分かります。このトレーニングでは持ったクラブが一切動かないはずですが、最初は動いてしまうでしょう。この動きは難易度高く、7割の人が最初できない可能性があります。この動きも腹筋を鍛えます。

③膝を止め、腰を動かすことで肩も連動して動く

 鏡の前、膝を動かさないと決め、腰のみを動かし、それに連動して肩が動きます。決して肩は単独では動いていません。腰と肩がロックされている状態です。腰と肩がロックしている状態をつくるためには両肘を絞め、お腹に押し付けるとできるようになります。この動きは短いアプローチのインパクトからフォローの動きに似ています。このトレーニングではクラブが左右に30度動くはずですが、それ以上動いてしまう人は肩が単独で動いている証拠となります。この動きは一番難しく9割以上の人が最初できないと思います。

脳からの指令を確実に実行することが脳の活性化につながる

 この3種類の動きは、膝、腰、肩の3つの部位で止めることと動かすことを違う組み合せで行うため、脳からの指令が微妙に異なります。単純なトレーニングですが、複雑な指令を脳と体に求めるものです。この3種類の動きを順番に10回ずつ行い、3セットやってみましょう。10日くらいすると体幹を使ったスイングへ変化していることに気が付けるかもしれません。

 このように、膝、腰、肩の動きを分けて考えると、スイングのメカニズムが解析できます。このトレーニングは『発明』と言えるくらい、凄いと思います。その効能を整理したら、目から鱗が落ちました。ほんとうに良くできたトレーニングです。やればやるほど、奥が深いなと思います。

分析力を発揮しよう

 現場でも分析力を発揮して発明と言えるような取り組み策を発想してください。例えば、MDの要素を商品、数量、展開場所、展開時期、価格、付帯サービスの6つに分け、それぞれの要素をまた3つ以上に分けて考えると発明と言える売場革新策が生まれるはずです。