メーカーが違う2つの「焼ちくわ」があります。もし値段が同じなら、あなたはどちらを選びますか?

 

 カロリー、塩分ほぼ同じ。

①添加物1種類、アレルゲンなし

②添加物3種類、アレルゲン2種類

大反響「スラッシュルール知っていますか?」

 前回の『スラッシュルール知っていますか?』は大反響がありました。消費者はもちろん、事業者の方でも「全く知らなかった」「言われるまで気が付かなかった」という驚きの声と「スラッシュルールって言葉、分かりやすくていい」というお褒めの言葉も頂きました。スラッシュルールの影響は、これからの商品選択に大きな影響を与えます。

ビタミンCも、炭酸も添加物?

 ①と②を見比べてください。①の焼ちくわに使われている添加物は「調味料(アミノ酸等)」の1種類。一方、同じ焼き竹輪でも、製造者が異なる②に使われている添加物は「加工でん粉、調味料(有機酸等)、貝Ca」の3種類です。②には、アレルゲンの卵と大豆も含まれています。カロリーと塩分は、ほぼ同じです。

 同じ値段なら、あなたはどちらを選びますか?

 きっと、添加物が少ない方を選ぶ人が多いと思います。

「えっ!加工でん粉って添加物だったの」と気が付く人もいるでしょう。「貝Ca(カルシウム)って必要な添加物なの?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。緑茶飲料に「緑茶/ビタミンC」と炭酸飲料に「砂糖類(……)/炭酸、香料、酸味料」と表示されていると、「ビタミンCも炭酸も添加物なんだ」とびっくりする人。

「魚肉以外に植物性たん白って、どうして使ってるの?」と、見やすくなったので、消費者は添加物だけでなく、原材料にも関心を持つかもしれません。

「スラッシュルール」で見える化が一歩前進 

 スラッシュルールによって「食品表示の見える化」が一歩前進したといえます。「何が添加物なのか」「こんなものも添加物なのか」「何種類使っているのか」という今までよく分からなかったものが、よく見えるようになったのです。

 ちくわのように、同じ棚に同じような商品が並んでいると、裏面を見てチェックする消費者も増えるでしょう。メーカー側も、できるだけ添加物を減らそうという努力をするはずです。

 消費者の中には「添加物が少ないなら多少高くてもいいか」という人もいるはずです。そういう顧客には、スラッシュルールの効果で、自然と添加物が少ないことをアピールできます。

 添加物が少ない商品に付加価値が付くのです。「添加物が分かって困る」という姿勢ではなく「添加物が分かるから少なくしよう」と法律の改正を逆手にとって商売をすると、気分も良くなります。