駅舎(写真左)と再開発ビル(同右)は5本の連絡通路で連結。その上を天幕が覆う。左に駅改札口のサインが見える。

 相鉄グループは再開発ビルと駅舎を一体開発した商業施設「ジョイナス テラス二俣川」を相鉄線・二俣川駅に4月27日開業する。同グループの商業施設としては横浜駅に隣接した「相鉄ジョイナス」に次ぐ規模となる。

ジョイナス テラス1の2階には食物販の専門店を集め、相鉄沿線では有数の規模を誇るフードマーケットを形成した。右に見えるのは魚の総菜店「うおひで」。
「そうてつローゼン」は短時間で買物ができる店づくりを目指す。「健康・美容」「地域密着」「上質」「簡便」の品揃えを強化した。

 施設は駅南口に隣接する「ジョイナス テラス1」(2~5階)と駅舎上の「ジョイナス テラス2」(2~4階)で構成。2階は駅改札口があり玄関フロアになる。ジョイナス テラス1と同2の3~4階は計5本の連絡通路でつながり、店内にいるとあたかもフロアが広い商業施設が空中に出現したような錯覚に陥る。

 テナントは食品スーパーの「そうてつローゼン」を核店舗に食品、カフェ、レストラン、衣料品、生活雑貨、服飾雑貨など82店が入居する。

 商圏人口は半径5㎞圏の約60万人。二俣川駅には鉄道で約8万人、バスで約2万人の1日平均乗降客がおり、このエリアは横浜近郊のベッドタウンとなっている。周辺住民や駅利用者の日常使いを中心に幅広い客層に対応する。

 戦略ターゲットは①子育て世代のファミリー、②通勤・通学などの駅利用者、③3世代家族・アクティブシニア――の3つの客層だ。

沿線で有数の食のゾーンを構築

 テナントぞろえで強化したのは食のゾーン。ジョイナス テラス1の2階は朝6時から深夜1時半まで営業する「そうてつローゼン」(売場面積1711m2)を核店舗に、グロサリー、デリ、スイーツなどの食物販の専門店を多数そろえ、相鉄沿線では有数の規模を誇るフードマーケットを形成した。同2の2階は秋に開業する予定。

 ケーキなど生菓子が中心の「パティスリークグラパン」は鎌倉に本店を置くフランス菓子の人気店。焼き立てパンの「パンパティ」は東京・町田に本店がありこの店は4店目。商業施設内へは初めて出店する。

 この他、ジョイナス テラス2の4階には飲食店9店を集積。「テラスダイニング」と名付けてゾーニングした。

一昨年8月に鎌倉の鶴岡八幡宮の近くに本店を開店したフランス菓子の人気店「パティスリークグラパン」はブティック形式で出店。外部への出店は初めて。
ジョイナス テラス2の4階にカフェや牛タン料理、天ぷら、うどん、パスタなどの飲食店9店を集積した「テラスダイニング」のゾーン。

札幌発セレクトショップの新業態も

3階はファッションゾーン。左手にアダストリアの「グローバルワーク」、右に「ハウスオブローゼ」、奥に「コーエン」が見える。
バーニッシュカンパニーが開発した新業態「ニシロ」の1号店。同社は北海道を中心に直営店22店を展開するセレクトショップだ。

 

ジョイナス テラス2の4階には「そうてつローゼン」に次ぐ大型店である「無印良品」(写真右)と「ユニクロ」(左)が軒を並べる。
 

 ファッション関連のテナントは3階に集めた。ファミリー向けの「グロールワーク」やユナイテッドアローズのショッピングセンター(SC)向け業態「コーエン」、大人の女性の日常着「アメリカンホリック」、男女のビジネス着「オリヒカ」など分かりやすい全国ブランドを中心に展開する。同2の4階には同SC内では2、3番目の大型店である「無印良品」(1157m2)と「ユニクロ」をカップリングした。

 ジョイナス テラス2の3階に位置する「ニシロ」は札幌市に本社を構えるバーニッシュカンパニー(太田能弘社長)が開発した新業態のセレクトショップ。30代~50代の大人の女性に向けてナチュラル系の衣料品と服飾雑貨を中心に展開する。お茶やヨーグルトドリンク、甘酒などドリンク類も提供する飲食機能も持たせた。

 ジョイナス テラス1が入居する南口再開発ビル「コプレ二俣川」の7~11階はオフィスとサービス施設が配置され、7~8階には夏にも医療モールが開設される予定。また29階建ての高級マンションが併設されている。

 相鉄グループは相鉄線が来年度下期以降に新宿や渋谷、目黒方面に相互直通運転を開始することから、沿線の6カ所で開発プロジェクトを進めている。

  • ジョイナス テラス二俣川
    所在地/横浜市旭区二俣川2‐50‐1
    敷地面積/約1万7420m2
    商業施設面積/再開発ビル内約9500m2(ジョイナス テラス1)+約4600m2(同2)
    階層/2~5階(同1)+駅舎ビル内2~4階(同2)※同2・2階のみ今秋開業予定
    テナント数/82店(同2の今秋開業分を除く)
    開業日/2018年4月27日
    デベロッパー/相鉄アーバンクリエイツ(開発)、相鉄ビルマネジメント(リーシング、管理・運営)、相模鉄道(駅舎保有)

 

 

※『販売革新』はオンラインストアや紀伊国屋書店など大手書店で発売しております。

→オンラインストアはこちら