2018年2月14日(水)から16日(金)に幕張メッセで行われた「FOOD TABLE in JAPAN 2018」。その会場で編集長の私が見つけた「注目の商品やサービス、新しい取り組み」などを動画で紹介するこの企画。第10回は国分グループ本社です。

 またまたお詫びです。

「スーパーマーケット・トレードショー2018」で『商業界オンライン』の取材を受けた方、「あれ、うちのものが公開されないぞ」と思っていらしたことでしょう。

 ボツになったわけではないのです。日々の記事投稿に追われまくり、私が編集確認できなかったのです。

 先週、全ての確認を終えたので、今週から残りの動画を公開していきます。人が国内外を動き回るゴールデンウイーク。休みを満喫する方も、動く人々を相手に商売をする方も忙しいでしょうから、今週は「見て学ぶコンテンツ」を充実させようと思います。

 

 さて、国分グループ本社の動画ですが、全部で9分12秒あります。

 テーマは、ブースで打ち出されていた「“買いたくなる”の境界線」

 千木良治さん(マーケティング統括部 マーケティング企画部長 兼 MD統括部 商品企画部長)に、国分グループ本社が進めている取り組みを紹介していただきました。

 見どころはたくさんありますが、私は2分35秒からの「2018年のヒット予測」と3分8秒からの「平成を振り返る」が参考になりました。