紫外線量がピークを迎える時期です。ケアを怠ってしまうと、恐ろしいのが将来巡ってくる紫外線のつけです。具体的には、皮膚がん、白内障、肌のしみ、しわなどに影響を及ぼし、免疫力低下にも関わるとされています。

 日頃の予防(日焼け止め、日傘など)も大切ですが、食生活からも予防やケアを心掛けてみましょう。まず、紫外線対策に役立つ栄養素の役割、食品を整理してみましょう。

栄養素の働きを意識した食事を心掛ける

 ビタミンC……抗酸化ビタミンの一つで紫外線によって発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成を促進する働きがあります。ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツ、イチゴ、芋類に多く含まれます。

 ビタミンB2……皮膚や粘膜のビタミンといわれ、粘膜を保護し、口内炎や口角炎、目の充血、皮膚炎を予防します。レバー、ウナギ、納豆、明太子、卵に多く含まれます。

 ビタミンE……強い抗酸化作用で過酸化脂質(細胞の老化を促進する)の生成を防ぎ、アンチエイジング(老化防止)に役立ちます。ビタミンCと一緒に取ると栄養効果が高まります。カボチャ、アーモンド、ゴマに多く含まれます。

 β‐カロテン……皮膚や粘膜を丈夫にするために必要不可欠なビタミンAに体内で必要な分だけ変化し、老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。カボチャ、ニンジン、トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

 リコピン……赤くなればなるほど活性酸素の産生を抑制する力が強くなるので、アンチエイジングの効果が高くなるといわれています。生のトマトよりも完熟トマト(ホールトマト、ケチャップ、トマトピューレなどの加工品)により多く含まれます。

 以下は、肌の老化に役立つコンビニメニューの一例です。①リコピン……トマトジュース、ミートソーススパゲティ、オムライス、ミネストローネ、②ビタミンC+ビタミンB2……ゴーヤーチャンプルー、ホウレンソウと卵の炒め物、レバニラ炒め、明太ポテトサラダ、③ビタミンE+β‐カロテン……カボチャサラダ、ホウレンソウのゴマあえ、緑黄色野菜サラダ、ニンジンのシリシリ。

「見た目がカラフル」なメニュー選びを

 紫外線は有害なイメージばかりが注目されがちですが、ビタミンDを合成する働きがあり、私たちの体に必要なものです。骨の形成に重要な働きをしており、カルシウムの吸収を高め、骨粗しょう症や骨折予防に役立つ他、最近では、がんのリスクを低下させるとの報告もあります。

 特に夜遅い勤務や日中外に出る機会が少ない人は日に当たる機会が少ないと考えられます。骨粗しょう症予防のためにせっかくカルシウムを取っていてもカルシウム吸収に役立つビタミンDを取らなければ骨は丈夫になりません。

 ビタミンDはサケやウナギ、干ししいたけなどからも取れますが、適度な日光浴は大切です。夏は日差しが強いため、1日10~20分程度の日光浴でも十分なビタミンD量を得られるといわれています。最後にストレスや睡眠不足、たばこ、お酒の飲み過ぎなども肌の老化に影響しますので気を付けたいところです。生活習慣の振り返りも大切です。

 

 

※本記事は『ファッション販売』2018年5月号に掲載されたものです。内容は取材当時のものです。

※『ファッション販売』はオンラインストアや紀伊国屋書店など大手書店で発売しております。

→オンラインストアはこちら