ヤングマーケットを筆頭にオーバーサイジンングの着こなしが増えている。朝の通勤時間にズリ下がったリュック姿を見ると思わず苦笑いをしてしまう。まるで昔の自分を観ているようだからだ。

 そう今、ファッショントレンドは完全に90年代に向かってカジを切り始めている。

これまでは「個性を消した」時代だった

 

ノームコア』(Normcore)*をあえて「偉大なる普通服」と呼ばせてもらおう。ファッション・シーンにおいては長らく普通服がスタンダードで格好よかった。どこのブランドってわけじゃないけど、オックス生地のボタンダウンシャツに袖を通せば誰だって、3割増しに賢そうに見えたものだ。とある大学のキャンパスの風景からもデニムシャツ+チノパン、赤チェック+ジーパン姿の学生たちがクラスメートと着てきた服が被ってしまった、画像がネットに流れて失笑もした。その場の空気を読めばこの格好と、完全に『個性を消した』時代だった。

 その『個性を消した』時代の産物の一つが双子コーデ。みんなでドレスコードを決めておそろいのファッションで出掛けるのは、同じデザインの洋服を着ることで味わえる一体感を楽しむのであって、制服や作業服と何ら変わらない。

ファッションは完全なリバイバルにはならない

 今、手元に90年代に発売されたファッション雑誌『Boon』があるが、もう一度この時代が来るのかと思うとニヤけずにはいられない。いつの時代でもそうだが、ファッションは完全な焼き直しに(リバイバル)はならず、必ずその時代の技術や色が加わってくるから面白い。

あるセレクトショップの品揃えにビックリした!

 さて、本題に入ろう。

 

 それは、とあるセレクトショップのトラックパンツの品揃えにビックリしたことから始まる。ナイキ、アディダスはまぁ分かるとしても、リーボック、レノマ、カールカナイ、FUTUR、チャンピオン、ティンバーランド、BLSって、コリャ何でもアリ!? 

 この春はFILAのナイロンパーカーを店頭で随分と見掛ける、それも大胆な色使いの切り替えで。そしてそこには大きくブランドのロゴが入っている。一般の人からするとブランド=マーク(印)だから覚えやすいし、分かりやすい。その大胆なデザインがブランドの印象となって、そのままブランドの魅力になっていく。

これからは個性のアピールが格好よい時代になる

 こうした図式が増えれば増えるほど、今度はブランドが与える影響力が強まってくるし、消費者も購入・識別の一つにはっきりと「ブランドの選択」が加わる。昨年冬のカナダグースやノースフェイス・ダウンJKの人気などがよい兆候。これから夏に向けて、懐かしのサーフブランドやTシャツ肌着ブランドのマークやロゴをもっと目にするかも。

 そして大衆的で普通のファッションから、個性をアピールするのが格好よい時代が訪れる。そのきっかけになるのが、今年かもしれない。

(*)ノームコアとはnormal+hardcoreの造語で、「究極の普通を意味したファッションスタイル」を指す。ニューヨークが発信源とも、スティーブジョブス氏の黒のタートルネックにジーンズ姿がアイコンとして紹介されることがある。