食品では「少量」「手間がかからない」が好調

 近年、食品業界では「個食」や「簡便化」などのワードが目立ち、少量パックや手間のかからない商品などが好調である。その波がカレー市場にも押し寄せている。

 カレーといえば子供からお年寄りまでどの世代にも人気のメニューであり、レストランにも必ずといっていいほどある定番中の定番メニューである。

 また、家庭で食べるカレーは、具材や味付けがそれぞれの家庭で少しずつ異なり、みんなで食卓を囲みながら「わが家のカレー」を食べるというイメージが浸透しているのではないだろうか。

 大手カレー企業のテレビCMでもそうしたものが多かったし、その際に使われるのはカレールウが主流だった。しかし、その流れが変わりつつある。

2015年を境に「ルウ」が減少に転じている!

 カレー市場は2013年から年間約1~2%で緩やかに伸びていたが、2017年は前年割れの945億円(インテージ全国小売店パネル調査〈SRI〉調べ)となった。直近5年ではカレー市場として初めて縮小したが、その内部では大きな変化があった。「レトルトカレー」と「ルウカレー」の市場規模がついに逆転したのだ(※以後、レトルト、ルウと記載)。2015年までは両者ともに伸長していたが、2015年を境に「ルウ」が縮小傾向に転じ、「レトルト」は伸長を続けた。その結果、2017年ついに「レトルト」が「ルウ」を追い越した。

図表① カレー市場の販売金額の推移(各年1~12月)

「レトルトカレー」の好調要因も2つのワードで説明できる

 では、なぜ「レトルト」の伸長が続くのか。その要因を、インテージ全国消費者パネル調査〈SCI〉をもとに購入者から探っていくと、次のことが分かった。

 図表②③は「カレー購入者の世帯別構成比」である。まず購入者の構成比として大きいのは「2世代同居世帯で、トータル、レトルト、ルウともに5割を超えている」(図表②)。

 しかし、ここで注目したいのは「単身世帯」である。「ルウの単身世帯の割合が1割未満であるのに対し、レトルトは2割を占め、規模としては夫婦のみと同程度を占めている」ことが分かる。レトルトとルウの差はここで生まれているわけだ。

 続いて、単身世帯と2世代同居世帯に絞って購入者当り金額をみる(図表③)。ここでもレトルトとルウの差を垣間見ることができる。2015年に価格改定が行われたため、一概に増加しているとはいえないが、「単身、2世代同居世帯ともにルウの増加よりも、レトルトの伸びの方が大きい」ことが分かる。

 これらから「レトルトは主要な購入層を押さえた上で、ルウにはない単身世帯の獲得もできている」といえる。単身世帯には個食性に優れた面が、2世代同居世帯には簡便性に優れている面が、消費者のニーズにマッチしたのではないだろうか。

 さらに世帯別によく購入されているブランドをみると、単身世帯ではハウス食品の「咖喱屋カレー」「プロクオリティ」、江崎グリコの「カレー職人」が多く見られ、既に「レトルト」の浸透がうかがえる。また、「プロ クオリティ」は4個入りの商品であることから、まとめ買いのニーズもあることが分かる。

 対して2世代同居世帯では、「咖喱屋カレー」も購入されてはいるが、依然として「ルウ」も負けてはおらず、ハウス食品の「バーモントカレー」や「ジャワカレー」、エスビー食品の「ゴールデンカレー」などが多く見られる。

図表② カレー購入者世帯別金額構成比(2017年1~12月)
図表③ カレー購入者世帯別購入者当たり金額(2017年1~12月)

品質向上、商品数増加もレトルト伸長の一因に

 単身世帯が増え、単身以外の世帯でも共働きなどで「時短」や「簡便化」が話題になる中、個食や簡便性に優れた「レトルト」の伸長はさらに続くと考えられる。また、各メーカーの努力により、以前よりも品質なども向上していることや商品数も増加していることなども伸長の要因の一つであると思われる。現在、単身以外の世帯ではまだ、「ルウ」が上位に入っているものの、この傾向にも変化が訪れるかもしれない。今後もますます「レトルト」の成長から目が離せない。

(株式会社インテージ パネルリサーチ推進1部 アナリスト 昆野侑司)