ブレインの画像認識精算システム「BakeryScan」
富士通のRFID一括認識ゲートシステム

「リテールテックJAPAN2018」の初日朝一番に乗り込んで注目ブースを一周したら、画像認識AIや無人精算システムなどニューリテイルの仕掛けをあらかた体感することができた。中国や米国の無人店舗で使われているテクは元より既存技術の組み合わせだから、実用精度とコストが折り合えばわが国でも急速に普及するはずで、各社の意欲的な展示が目を引いた。

高千穂交易のスマート会計システム

 RFIDやセルフレジは量産普及の段階で各社が精度と使い勝手を高めた新製品をそろえていたが、やはり注目は無人精算システムだ。富士通のRFID一括認識ゲートシステムや高千穂交易のバーコードスキャン+画像&重量認識スマート会計システムなど、コストが合えばすぐにも使えそうなシステムが競われ、レジカートシステムも富士通のブースでデモされていた。

高千穂交易のブースで見たバーコードスキャン精算と防犯タグを組み合わすアパレル店向けの「Shopic」

 総じてRFID一括認識やバーコードスキャンを顔認証やアプリ登録と組み合わす無人精算システムが主流だが、いずれも未精算商品の持ち出しを監視・抑止する仕掛けを欠き、人力での監視を要する過渡期のシステムに見えた。そんな中、高千穂交易のブースで見たバーコードスキャン精算と防犯タグを組み合わすアパレル店向けの「Shopic」(tyco)の実用性が目を引いた。ZARAが高価でもEAS(万引き防止システム)チップ同装の再使用型RFIDタグにこだわったのは将来の無人精算を見据えたからなのだろうか。

 無人精算ではないが、既に普及段階に入っているのがブレインの画像認識精算システム「BakeryScan」で、似たような商品を確実に見分けディスプレーに映した商品画像に価格を表示する実用性は出色。ベーカリーに限らず、セルフ方式の食堂でも活躍しており、バーコードもRFIDも付けがたい裸の生鮮食品にも使えそうだ。

 レジ精算を無人化してもマテハンを自動化しない限り、抜本的な省力運営には遠い。NECのブースでは棚陳列を画像認識してバックヤードから補充するロボットシステムがデモされていたが、バックヤードのピッキングはロボットが担っても売場の棚入れは人が担うという中途半端なシステムで、ピックアームロボットと搬送ロボットを使い分けるという大仕掛けも実験段階を思わせる。

 駆け足のスポット的なレポートしかできないが、「リテールテックJAPAN2018」はECに圧され急速な進化を強いられる店舗販売の技術革新をひとまとめに見れる好機だと思う。会期は3月9日(金)16時30分までだから、お時間の取れる方は急がれたい。