一番左が、本大賞主催「人を大切にする経営学会」会長で、審査員長の坂本光司 法政大学教授。

「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の第8回受賞企業が決定し、その記者発表会が2月27日(火)、法政大学市ヶ谷キャンパスで開催された。

「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」は、企業が本当に大切にすべき(1)従業員とその家族、(2)外注先・仕入れ先、(3)顧客、(4)地域社会、(5)株主の5者をはじめ、人を大切にし、人の幸せを実現する行動を、5年以上継続して実践している企業の中から、最も優れた企業を表彰するというもの。

 2011年から始まり8回目となる今年は、108社の応募があり、審査委員会による厳正な審査のもと次の15社の受賞が決定した。

◆経済産業大臣賞

 萩原工業株式会社(岡山県倉敷市/合成樹脂加工製品および機械製品の製造販売)
[受賞理由]
・1962年の創業から上場企業となった今日まで、業績ではなく社員の雇用と生活を第一に考えリストラをしないという経営姿勢
・特別な理由がない限り正社員として雇用(正社員比率86.9%)
・社長室には1485人におよぶ全社員の顔写真とメモがあり、誕生日にはお祝いのカードとプレゼントを用意
・社員1人当たりの月間所定外労働時間は7時間程度、など。

◆厚生労働大臣賞

 コネクシオ株式会社(東京都新宿区/携帯電話の卸売・販売および携帯電話を利用したソリューションサービスの提供)
[受賞理由]
・従業員数5083人という大企業でありながら「ESなくしてCSなし」を経営の重要テーマに位置付け、社員一人一人の仕事のやりがいと成長実感を大切にした経営を実践している
・この4年間で約2000人の非正規雇用労働者を正規雇用化している
・障がい者雇用に積極的、など。

◆中小企業庁長官賞

 伊那食品工業株式会社(長野県伊那市/寒天等天然糊料・天然ゲル化剤・家庭用食料品製造販売)
[受賞理由]
・「会社の目的は社員の幸せを通して社会に貢献すること」を経営理念として、リストラなしの「年輪経営(無理な成長をせず着実に安定経営を行うこと)」を50年以上実践し、末広がりの経営に努めている
・社員のモチベーションが高く、離職者はほとんどいない
・人財育成や研究開発等にかかる未来投資が大きい、など。

◆中小企業基盤整備機構理事長賞

 株式会社吉村(東京都品川区/食品包装資材の製造販売)
[受賞理由]
・価格競争を避けるため、小ロットの日本茶ラミネート茶袋に特化するとともに、茶業者(農家・問屋・茶専門店)と一体となって日本茶の魅力を訴求するという経営姿勢
・社長は「社長という仕事を行う社員」と評価・位置付けする
・社長以下全社員「さん」付けで呼び合う
・育児中の社員への配慮が厚い
・障がい者雇用に積極的で雇用率は4%と高い、など。

◆審査委員会特別賞

 株式会社ISOWA(愛知県春日井市/ダンボール製造機械の設計・製造・販売・メンテナンス)
[受賞理由]
・社員の希望と生活を重視し、正社員比率は100%、など

 ウインテック株式会社(愛媛県東温市/各種機械の設計・製造)
[受賞理由]
・正社員比率95%
・社員を大切にする経営だけでなく、社外社員である協力企業30社と「WIN・WIN会」を組織し、対等のパートナーとして相互研さんしている、など。

 株式会社王宮(大阪府大阪市/宿泊業)
[受賞理由]
・経営ビジョンは「共に幸せと誇りを感じる会社」であり、理念に基づいた経営が貫かれている、など。

 中央歯科補綴研究所(東京都目黒区/ジルコニア製ダイヤモンドクラウンなどのセラミック補綴(ほてい)物・インプラント上部構造物・その他歯科補綴物の製作・販売)
[受領理由]
・近年離職者はなく、社員の組織満足度が極めて高い
・有給休暇取得率100%、など。

 有限会社原田左官工業所(東京都文京区/左官業)
[受賞理由]
・経営理念は「夢とロマン」、経営方針は「職人を守る」とし、人を大切にする経営を貫いている
・社員の6割が20~30代
・女性職人も9人と多く、左官業でありながら女性が働きやすい、など。

 前田工繊株式会社(福井県坂井市/土木資材の製造販売)
[受賞理由]
・大手下請け企業でありながらも挑戦を続け、今や土木技術と繊維を融合した「ジオシンセテックス」技術のパイオニア企業として高く評価されるまでに成長発展
・正社員比率82%と高い
・11社の企業を友好的M&Aしてきたが、どの企業の社員もリストラしていない、など。

 松川電氣株式会社(静岡県浜松市/電気設備工事)
[受賞理由]
・社員数46人中45人を正社員雇用
・本人が辞めたいというまで勤務可能であり、現在70歳以上の社員が3人、しかも給料は60歳と同等、など。

 株式会社琉球補聴器(沖縄県那覇市/医療機器・補聴器の販売)
[受賞理由]
・無理をしない経営で1987年の創業以来30期連続黒字経営
・全員参加経営に注力し、毎日1時間の朝礼(勤務時間内)を行う、など。

◆実行委員会特別賞

 株式会社東邦銀行(福島県福島市/金融業)
[受賞理由]
・働き方改革に積極的に取り組み、社員1人当たり月間所定外労働時間は平成27年に比べ約35%減少
・休業期間3年で分割取得回数制限なしの介護休業、期間3年の育児休業など支援制度が充実している、など。

 社会福祉法人合掌苑(東京都町田市/社会福祉事業)
[受賞理由]
・働き方改革に積極的に取り組み、職員1人当たり月間所定外労働時間は7.6時間と短い
・離職率は業界平均17%前後に対して実質7~8%台と低い
・女性職員の産休後復帰率は100%、など。

 特定非営利活動法人Future Dream Achievement(神奈川県川崎市/就労困難者向けの支援事業)
[受賞理由]
・引きこもりやうつ病になったエンジニアの支援から始まり、現在はそれだけにとどまらず障がい者・生活保護・難病の方等の支援も行っている
・一般企業に就職するなど平成27年度の就職内定率は90.2%と極めて高い
・職員16人のうち14人が正職員であり、しかもその半数は障がい者である、など。

 

 なお、表彰式は3月16日(金)13時より法政大学市ヶ谷キャンパスにて開催される。会場定員数は400人だが、現在ほぼ満席状態とのこと。しかし、多くの方に参加してもらえるよう現在増員を検討している(入場無料)。

 主催:人を大切にする経営学会
 連絡先:http://taisetu-taisyo.jimdo.com/