“価値”は高く、“価格”は低く

 鳥取のイヌイ薬局は、ぱっと見は普通のドラッグストアですが、過去に3万件超を超える漢方相談を行っており、日々、地元の人々の健康のために貢献をしています。

 店内には日々の食生活を健康的に豊かにする商品も数多くそろっています。

 ところが、店舗の外観とプライスカードだけではその価値が分からないものも多く、現在POPの強化を図っています。

 2018年1月、私はイヌイ薬局のチラシを作り終えた後、売場に入り、イヌイ推奨商品を陳列し直し、POPを書きました。

 

 その中の1つが、「丸どりだしDX(デラックス)1袋298円」です。健康的でおいしくて、便利に使えてリーズナブルな液体だしスープですが、類似商品が少ないため、主婦にもなじみが薄く、価値が伝わっていない商品です。

 世の中には見た目で価値が理解できる商品と、ぱっと見て価値が理解できない商品があります。瞬時に価値が理解できる商品は量感陳列や展示陳列で、その商品を魅力的に見せることに力を入れますが、このだしスープは典型的な後者の商品です。見ただけで価値が理解できない商品はPOPで価値を明確にしないといけません。

<<<ところで「丸どりだしDX(デラックス)1袋298円」とは>>>

 親鶏を丸ごと煮込んだ液体だしスープ。トリガラスープではなく、良質なたんぱく質とコラーゲンがたっぷりです。料理に入れるだけで足し算でなく、掛け算的に料理がおいしくなるのです。うま味が濃厚だから塩分控えめの料理でも大満足できる料理に。しかも、化学調味料などの添加物が無添加で脂肪分ゼロ。和洋中のどんな料理にも合い、スープやカレー、みそ汁、炒め物、煮物、炊き込みご飯、パスタなど何にでも使える万能だし。栄養満点でおいしくて便利という素晴らしく優れたスープで、病後食・産後食・離乳食・介護食にも最適です。 

価値が伝わらないとお金を出す値打ちがないと思われる

 この商品のPOPに

「栄養たっぷり いろんな料理に使えます 丸どりだしDX 298円」

はよくあるPOPですが、それだけではぴんときません。価値が伝わらないから、お金を出す値打ちがないということです。

 そこで上記の内容を全て入れ込みました。

 

 文章量が多い割に気にならないのは、メリハリがついているからです。小さい文字は興味を持った人だけがじっくり読んでくださったらいいのです。

 人は商品を買うとき、その価格に見合う価値があるかを判断して購入を決めます。短い時間で心の中のてんびんに“価値”と“価格”を載せて、価値の高い商品を選びます。

 私は現場でPOPを書くとき、常に“価値”は高く、“価格”は安く感じるように表現することに徹底的に全力投球します。

 すると「わ!いいわね!」とハートにスイッチオン。売上げアップに直結します。 

 では、それをもう少し具体的にご説明します。