ディファレンス店舗の展開に注力していく

 

 ――今後の店舗展開は

 

 湖中:今、進めているオーダー受注のディファレンスの店舗を展開していきたい。大変好評をいただいており、先行している店舗ではウェブ上での買い物も16%くらいになっている。
 さらに広げていくために、各地域、地域でしっかり店舗を設けることと、お客様がもっと使いやすい仕組み、例えばアプリから来るものや、お店から提供するものもあるが、それらをブラッシュアップしていきたい。
 ただ、イージーオーダーを伸ばせば伸ばすほど、SPAの品ぞろえが難しくなるのでバランスを取りながらやりたい。

 ――高齢化が進んでいく中で、どういう人をターゲットとするか

 湖中:ファッションが好きな人。それを着て格好いいのがいいと感じられる人に認めてもらう商品が大切。

 ――改めて「すべては品質から」の想いは

 湖中:最終的にお客様の手元に残るものは品物なので、そこを徹底的にブラッシュアップしていくこと。それと、その時だけのサービスは一番よくないと思っているので、継続的に品質を保ち、サービスをしていくのがクオリティプロジェクトだと考えている。