主に丼メニューやうどんを提供している“なか卯”。3月にいくつか新商品が販売されたので、今回はそのうちの一つ「鶏づくし重」をご紹介します。3種類の焼きとりとご飯を組み合わせたメニューに、ネット上からは「焼きとりとご飯のセットは反則すぎる」「大好きな焼きとりしか入ってない。最高かよ」などと好評の声が。豪快な見た目をした“鶏づくし”のお重を、さっそく食べていきましょう。

串に刺した焼きとりをご飯と一緒に味わえる

 

 焼きとりはそれぞれ「もも」「つくね」「むね」の3種類。定番の焼きとりがお重に集まっており、どれも“たれ”がよく絡んでいます。たっぷり詰めこまれたご飯には、細かく刻まれたのりがトッピングされていました。

 

 串に刺した焼きとりをそのままご飯にのせているため、パっと見のインパクトが半端ではありません。フタを開けると、たれの甘い香りが食欲を刺激します。なか卯の公式サイトによれば、特製のたれはとり肉と相性抜群のよう。一体どのような味わいを楽しめるのでしょうか?

 

 まずは“むね”をいただいたところ、淡泊でさっぱりとしたテイストが特徴的です。“もも”はとてもジューシーでやわらかく、とり肉のうま味がしっかり舌に伝わってきました。炭火の風味も際立っているため、本格的な焼きとりの味を堪能できますね。

 

 なか卯こだわりのつくねは、外側がカリカリで内側はふっくら。肉のうま味も感じられますが、ショウガの爽やかな辛味がアクセントになっています。もちろん特製たれとも絶妙にマッチしているので、ご飯が進むのは言わずもがな。夜食につい食べたくなる豪快なお重でした。

 同商品のファンになった人は多く、SNS上では「“串焼きをそのまま乗せる”という発想が良いね。炭火の風味もちゃんと味わえるし、間違いなく当たりメニュー」「夜食に食べた時のぜいたく感がGOOD。お酒と一緒にいただくのもアリ」「焼きとりは塩派だったけど、特製たれの甘みにハマってしまった。しばらくの間なか卯に通う頻度が増えそう」「特製たれが個人的に好きです。ご飯を一瞬で完食できました」といった声が続出中。

 おつまみにもぴったりですが、ガッツリ食べたいときにもオススメの「鶏づくし重」。なか卯に立ち寄った際は、ぜひチョイスしてみてください。