夜の気温が肌寒く感じるこの季節は、スパイシーなメニューがつい恋しくなりますよね。今回は刺激的な味わいを求めて、なか卯の“とある商品”をテイクアウトしてきました。その名も「麻辣担々うどん」(税込530円)。なか卯の「担々うどん」に別添えの“麻辣たれ”をかけていただく一品です。

 3月12日から発売されており、痺れる辛さが大好評。SNS上では「なか卯に行ったら絶対に注文してる! 辛いものが好きな人にぜひ食べて欲しい」「モチモチのうどんと濃厚なスープが最高。独特な辛味がやみつきになった」などのコメントが続出中。この情報を聞いたら食べるしかないということで、さっそく痺れるような辛さを堪能していきます。

辛味が“ジワ~っ”と広がる

 どんぶり型の器にうどんがたっぷり入っている同商品。スープの上には青ネギと“特製ミンチ”が浮かんでおり、フタを開けるとこうばしい香りが漂ってきます。真っ赤に染まった別添えの麻辣たれは、とっても刺激的なカラーリングでした。

 ちなみになか卯の公式サイト曰く、「(麻辣たれを)かければかけるほど“シビカラ”な味わいが口いっぱいに広がります」とのこと。自分好みの辛味に調節しながら食べるのもお薦めですが、今回は全部かけた状態で実食していきましょう。

 

 モチモチに仕上がった麺を口に含んだ瞬間、鋭い辛さが舌を刺激。濃厚なスープとうどんがしっかりと絡み、すする度にごまの香りが鼻の中を抜けていきます。思っていた以上に辛味が強く、うどんを咀嚼していると少しずつ汗ばんできました……。

 

 たっぷりトッピングされた特製ミンチは、こうばしい風味とジューシーな肉汁がGOOD。麻辣たれの辛味だけでなく、濃厚なスープとも絶妙にマッチしています。一方でシャキッとした食感の青ネギはもちもちのうどんにアクセントをプラス。肌寒く感じる時に食べれば、必ずほっこりした気分になれますよ。

 実際に「麻辣担々うどん」を味わった人からは、「いつも食べていた担々うどんがさらにグレードアップしてる。特製ミンチも食べごたえがあってGOOD」「うどんを一口すすっただけで体温が上がる……。“麻辣たれ”のピリピリ感がたまりません」「麻辣たれがめちゃくちゃおいしい! ツルっと食べ進められました」といった声が寄せられています。

 辛い食べものに目がない方は、この機会に坦々うどんの“シビカラ”具合を楽しんでみてはいかがでしょうか? 4月中旬までの期間限定販売のようです。