今年の初売りは、市場の飽和感もあってジリ貧化に歯止めがかからない福袋をやめる企業が増えてきた。元々、無印良品やユニクロ、ユナイテッドアローズは取り扱いがないし、アダストリアグループも昨年から福袋企画をやめた。そして今年はライトオンもその流れに加わった。

 1年前から工場の閑散期を狙って安価に生産したものを入れてお値打ち感を出すのが「平成の福袋」だった。それが競争激化で、購入前に福袋の中身が確認できるのは当たり前に。中身のサイズカラーのアソートが表記され、中のセット枚数も増えいく傾向にあっては取り組むメリットが年々薄れているのが現実だ。

 だが、福袋を取りやめた企業がその分の売上げを他で稼げているかというと、決してそうは思えない。在庫リスクや企画・生産労力も踏まえて費用対効果に見合っていないという総合的な判断をしたのだろう。

 そんな1月のアパレル6社の状況を振り返ろう。

〈1位〉良品計画(既存店)売上高 100.8%*1、客数 110.9%、客単価 86.7%

【主要施策】SALE【話題の取り組み】114まで期間限定価格、24まで期間限定価格/【注目アイテム】〔レディス〕縦横ストレッチチノバルーンスカート(税込み4990円)、〔レディス〕ウールシルク洗えるクルーネックカーディガン(税込み3990円)、〔メンズ〕新彊綿オックスショップコート(税込み4990円)

  例年に比べて高く推移した気温の影響から冬物アウター、ニット、防寒小物は伸び悩んだものの肌着や靴下などの実用衣料が好調に推移して売上げを底支えした。期間限定価格を切れ目なく対象アイテムをローテーションさせながら続けた結果、「買上客数がアップし、客単価がダウンする状況」は続いている。

 そうした中、2020年2月期連結純利益を従来予想の294億円から251億円へ下方修正。中国のコロナウィルスによる影響もあり、6日までの中国の休業店舗は138店舗まで広がっているようで、さらなる業績への影響が心配される。

〈2位〉アダストリア既存店)売上高 98.4%、客数 97.4%、客単価 100.9%

【主要施策】WINTER SALE MAX60%(グローバルワーク)/【話題の取り組み】Chocolat Color Knit (グローバルワーク)、HERSHEY’S KISSESコラボ、ツモリチサトコラボ(ニコアンド)/【注目アイテム】〔レディス〕ツモリチサト コラボワイヤー入ビッグシャツ(税込み7590円)、〔レディス〕ツモリチサト コラボワイヤービッグワンピース(税込み9460円)/ 〔メンズ〕MOTION TECHスキニーパンツ(税込み4950円)

 初売り福袋をやめて2年目となる今年は「ハッピーシェアニット」や「リバーシブルボアニット」といった限定特価商品を売り込んだものの、冬物セール商戦自体に力強さを欠き、1月の既存店売上高の前年割れは3年連続となった。

 月後半は春物企画としてバレンタインシリーズを展開。グローバルワークではチョコレートカラーニットとしてミルクチョコレート、ミルクティーチョコレート、ホワイトチョコレート、ラズベリーチョコレート、ミントチョコレートの5色をそれぞれのチョコレートイラスト・ラベルとともに訴求したが、それが目をひいた。ブランド別ではローリーズファーム、レイジブルー、ページボーイ等が好調だった。

〈3位〉ユナイテッドアローズ(既存店*2売上高97.1%、客数94.3%、客単価101.9%

【主要施策】 SALE30~40%OFF+2点以上お買い上げでSALE対象商品がさらに10%OFF/【話題の取り組み】FINALSALE UPTO60%OFF(グルーンレーベル)/【注目アイテム】〔レディス〕HAMILTON WOOL MIXメルトンロングPコート(税込み4万9500円)、〔レディス〕ビーバーノーカラーロングコート(税込み2万3760円) 、〔メンズ〕:THE NORTH FACE ビレイヤーパーカー (税込み6万5000円)

  暖冬で冬物衣料が苦戦した。

 ユナイテッドアローズも2020年3月期連結業績を下方修正し、予想売上高1642→1612億円(▲30億円)、営業利益119→108億円(▲11億円)、経常利益120→109億円(▲11億円)。10月の消費増税による駆け込み需要の反動減やオンラインストアの停止(期間は2カ月強)に伴うネット通販や実店舗のマイナスなどが影響した。

 ネット通販の自社運営化を行う中、約12億円のソフトウェア開発について今後の利用が見込めなくなった部分の減損処理を約5億円計上。さらなる減損損失が追加で発生する可能性も示唆しており、自社運営への取り組みは予定通りには進捗していないようだ。