全ての小売店が対象です!

 今年の7月1日から全ての小売店のレジ袋(プラスチック製買物袋)が有料化されます。この目的は「消費者がその商品の持ち運びに用いるためのプラスチック製買物袋を有料で提供することにより、プラスチック製買物袋の排出の抑制を推進すること」。

 対象事業者は飲食料品から衣料、スポーツ用品、家具、医薬品、化粧品、娯楽用品、たばこ、自動車部品等、消費者に直接販売する小売業者。主たる事業(売上金額)が小売業でない製造業やサービス業等でも、容器包装して消費者に販売する事業者は対象になります(フリーマーケットのように反復継続性がない場合は対象外です)。

「有料化と認められないケース」に注意

 有料化とは「プラスチック製買物袋を提供する際に、一定の対価を徴収すること」をいいます。現在よく行われているのが、買物袋が必要ない消費者に対し「商品価格を値引きすること」や「ポイントを付加すること」ですが、これは有料化に該当しないので認められません。

 また、「プラスチック製買物袋の価格を消費者に明示せずに商品価格と買物袋を一体価格にすること」も認められません。「複数枚のプラスチック製買物袋を提供する際に、一定枚数を有料で提供しつつ、その他の袋は無料で提供すること」も認められません。

 消費者からすると、マイバックを持参したら「今までは2円引きだった」「ポイントが付いた」のに、7月からはこうした「ささやかなお得感がなくなった上、キャッシュレス還元も終了する」ことになるので、気分的には落ち込むでしょう。

紙袋など無料でもよい袋もあります

 今回、有料化の対象となる買物袋は「消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋」で、実は有料化の対象外の袋がある点が複雑なところ。7月1日以降も無料で提供してよい袋には次のようなものがあります。

・景品、商品、試供品、商品券、切手、入場券等を入れる袋

・クリーニングを入れる袋

・生鮮食品(肉や魚等)等を入れる持ち手のない袋

・複数の細かい商品をまとめるために使われる持ち手のない袋

・衣類などの商品を保護するために包む持ち手のない袋

・調剤された薬剤の薬袋

・陳列されている時点で袋詰めされている袋

・消費者が事前に拒否できない通信販売の商品を入れた袋

 その他、「紙袋」「プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの」「海洋性分解性プラスチックの配合率が100%のもの」「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」も有料化の対象外。紙袋のような対象外の袋は無料でも有料でも構いません。

 これに対して、プラスチック製買物袋の販売価格は1円未満は無効で、2円~5円程度という指針は示されていますが、価格設定は自由です。

「競合が無料なのに自分たちは有料」は難しいが……

 昨年7月3日付朝日新聞デジタルでは「ユニクロを展開するファーストリテイリングは3日、プラスチック製のショッピングバッグを9月から紙製に切り替えると発表した。紙製の削減も目指し、ユニクロとジーユーの国内全店舗でショッピングバッグは来年(2020年)1月14日から有料化。1枚あたり税抜き一律10円とする」と報道されています。

 ところが実際は、今年2月2日現在、紙製レジ袋は無料で提供されています。筆者が店舗の従業員に「いつから有料になるんですか?」と尋ねると「分かりません」という返事でした。

 紙袋が無料で提供されている代表的な小売店は百貨店。その他、ベーカリーの一部でも紙袋を無料で提供している店もありますが、一般的な小売店はコストの高い紙袋をレジ袋として無料配布することは難しいでしょう。

 しかし、商売となると話は別です。ユニクロが紙袋を無料で提供するのに、しまむらはレジ袋を有料にできるでしょうか。もちろん、プラスチック製なら無料にできません。そうかといってコストの高い紙袋を無料で提供すれば利益が減ってしまいます。

無料の紙袋より1円のプラスチック製の袋!?

 その他の小売店でもレジ袋有料化の対応が難しい業種があります。

 キオスクで弁当やドラッグストアで生理用品を買う場合はどうするのでしょう。

 出張や旅行の際、弁当を購入するのに弁当用のマイバッグを持参する消費者は少ないでしょう(これはコンビニで弁当や惣菜を購入する時も同様)。持参してもマイバッグの中が汚れるのは困りますし、弁当を入れる袋はゴミ袋として使いたいでしょう。

 10kgの米を買った時、そのまま運んで袋が破れたら中の米が大量にこぼれてしまいます。家電量販店やホームセンターで大きな商品を購入した時、マイバッグには入らないでしょう。また、ホームセンターで花や植木を買った時、マイバッグに入れるでしょうか。

 そもそも消費者はプラスチック製レジ袋を持ち帰り用としてだけでなく、ゴミ袋としても使いたいのです。紙製よりもプラスチック製の方が使い勝手が良いので、無料でなくても欲しいのがプラスチック製の袋なのです。

 そう考えると、「紙袋無料」より「プラスチック製買物袋1円」の方が喜ぶ消費者もいるかもしれません。

 あなたの店はどうしますか?