最新号は「ここをこう読む!」

 

【流通トップ 新時代への視線】

 2020年代に入りました。

 私たちは新しい時代のとば口に立っています。経営トップは常に次の世界がどうなるかを考えています。

 その視線の先にあるのは何なのか。

 特集「流通トップ 新時代への視線」では、ヨドバシカメラ藤沢昭和社長、ウエルシアホールディングス松本忠久社長、スギ薬局杉浦克典社長、アークス横山清社長をはじめ、日本の流通業を代表するトップにインタビューし、経営者たちが描いている時代観を探りました。

 厳しい消費環境の中で順調に伸び続けるユニクロ、無印良品、そしてワークマン。

 他のチェーンと比べると、一歩も二歩も進んでいる小売業であることは間違いありません。

 しかし足元ではユニクロと無印良品を展開する良品計画は通期の業績予想を下方修正しました。

 韓国や香港など海外の特殊要因もあるとはいえ、変調への兆しであると考えられないこともありません。

 特集「ユニクロ、無印良品、ワークマンはさらに成長できるか」ではこの3社の好調はまだ続くのか。

 各社の最新の動向を紹介しながら、考えてみました。  

 業種・業態を問わずいまやEC(電子商取引)はなくてはならないものになりました。

 楽天やアマゾンなどのECモールに出店する方法もありますが、これからは自社ECをどう軌道に乗せ、活用するかが重要です。

 特集「ECサイト成功の条件」では、OMO(オンラインとオフラインの融合)時代の自社ECサイトを成功させるための方法について考えました。

 特集「2019年革新店を見る、学ぶ」では、19年に開店した注目店をおさらいしました。

 今月号も読みどころ満載です! 

 

 月刊『販売革新』2月号を、さらに知りたい方はこちらをクリック!