報道によると、1月8日午後5時、セブン-イレブン東大阪南上小阪店が店舗の在庫を売り終えたとして業を終了し、しばらくの臨時休業に入ったそうです(『臨時休業を前に最後の営業 セブンイレブン本部から契約を解除された後も販売を続けてきた東大阪市のセブンイレブン』1月8日 ABCテレビ)

 そこで、現在の状況はどうなっているのか? 1月9日の深夜、同店を再び、訪れました。

 前回の訪問時(2019年12月24日)には店頭に2枚の張り紙がありました。

 1枚は「お客様へ 営業時間の変更のお願い 2019年9月1日より営業時間を午前7時から午後11時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがご了承の程よろしくお願い致します 店主」

 もう1枚は「お客様へのお願い 働き方改革等の諸事情により、2020年1月1日の元日は終日休業とさせていただきます。尚、1月2日より通常通り、午前7時から営業いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。店主」

 今回、暗闇の中に浮かび上がる、話題のセブンの正面出入り口にあったのは「訴訟の為 臨時休業」の張り紙。セブン-イレブン本部がこの店舗について裁判所に仮処分を申し立てており、その内容が店舗の明け渡しを求めたものではないかと言われる中、元・一国一城の主の籠城は悲壮感が漂います。

 

 私は約20年のコンビニ経営をやめてから数年の月日が過ぎましたが、共に同じ時代を過ごし、今も現役で頑張っているベテランのオーナーにとって、この出来事は対岸の火事か。セブン、ファミマ、ローソンのベテランオーナーに本音を直撃取材してきました。