1935年5月15日生まれ。60年北海道大学水産学部卒業、野原産業 札幌営業所勤務。61年ダイマルスーパー入社。70年同社代表取締役専務。75年社団法人日本セルフ・サービス協会 理事。85年ダイマルスーパー代表取締役社長。89年ラルズ代表取締役社長(合併による商号変更)。95年社団法人日本セルフ・サービス協会 理事副会長。2002年アークス代表取締役社長(経営統合により商号変更)、ラルズ(新設)代表取締役社長。04年社団法人日本セルフ・サービス協会 理事名誉会長。07年ラルズ代表取締役社長兼CEO。08年全国スーパーマーケット協会 理事長。09年日本セルフ・サービス協会と全国スーパーマーケット協会が合併、新団体「社団法人日本セルフ・サービス協会」の会長に。協会は10年に名称を新日本スーパーマーケット協会に改称し、12年に一般社団法人に移行している。

閉塞の中からも新しいものを生み出すのが新日本

 煩悩の世界であらゆる問題点はあるが、独自で乗り越えていく人は自分でやればいい。時間と人、モノ、カネがかかるとなれば、手を携えて乗り越えていく。そうかといって、みんなで渡れば怖くないというわけにはいかないので、共通の問題を解決する、新しい発展のために努力をする。言うなれば公のために努力は惜しまないという活動は必ず必要で、それが協会である。そんなことをやるよりは自分の飯の種だという考え方を持つのかどうかだ。少なくとも新日本スーパーマーケット協会は日本で初めての社団法人で流通業界が初めてまとまった。今の日本チェーンストア協会も、あるいはあらゆる団体の人たちもいったんは日本セルフ・サービス協会に入って、そこから大きくなって独自の教育をしたり、政治的なものについてはということで、日本チェーンストア協会を作っていった。

 だけど、大きくなったからそれでいいかというと、そうはいかない。小さいものが皆無になったかというと、そうでもない。日本セルフ・サービス協会、改め新日本スーパーマーケット協会は、大企業で入っているのはイトーヨーカ堂ぐらいで、後は中堅・中小企業。いまだに、手じまいしたSMの跡でもう1回とチャレンジしている人も皆無ではない。閉塞しているように見える中からも、新しい流通業界の形が生まれる素地を持ったのが、われわれの協会だ。いつも言っているが、大勢の人たちのライフラインを預かって、なおかつそれに直接参加して、なかなか難しいことに取り組んでいる。今は人も潤沢で売れればすぐ儲かってというような時代は1回だって経験しない。その都度、いろいろな問題に逢着しながらも、今日まで来た。

 この業界の60年の内、私は50数年で、残存組は数少ない。9歳上の清水信次さんもこの業界に入ったのは私と同じ昭和36年。毎年だが、今年も伊藤雅俊さん、岡田卓也さん、清水さんが来た。3人は私の顔を見ると、「あなた方、若いものは頑張ってやってもらわなければいかん。大体今の流通は遅れている」と言う。確かに私は10歳は若いわけだが……。

 クリティカルマスが今度はシンギュラリティだと私は勝手に言っているが、資源も生き方も今のような状況でなくて、格差社会もなくならないだろうが、破滅ではなくて生きがいという問題、その次に何があるのか。人間は所有欲、名誉欲、食欲などがあるが、いずれも身を挺して働かなくてもやれるんだということなんだが、そうなったらどんな次元、哲学で生きていくのかということになる。ここがわれわれの一番難しいところ。その前に生き残らなかったら、何もできない。

デフレは悪くない。いや、実際は今はデフレではない!

 政府は今、経済第一主義。それをなんとかするためには、今までのパターンでは高度成長というわけにはいかないけれど、言うなればインフレターゲットで2%か3%のインフレを作って、この恐るべきデフレを解決することで、経済も復活させ、日本経済がよくなるんだという前提だが、モノはオーバープロダクトで、オーバーストア、オーバーカンパニーで、みんなで渡れば怖くないというわけにはいかない。これをどうするか。やっぱり、自然の淘汰を待つしかない。

 最終的には競争の中で競争に勝つ戦略、需要が上がれば別だが、いい品物を売れば高くても売れて儲かるといっても、そんな商品は本当にあるのか。新しいものが出てきて売れると、みんな追随してあっという間で、2、3年でフルになってしまう。カメラもテレビも、今年新しいものが出て買って、来年新しいものが出たので買うというわけにはいかない。

 デフレが悪いかというと、デフレは悪くないと言っている。実際には今はデフレではない。デフレ的要素はあるが、そうではない。安くなっても悪くなっているものは1つもない。いいものは安く、安いものはどんどんよくなっていく、これは科学技術の進歩のおかげであって、ものが安くなることは何も景気が悪いから安くなるだけではない。むしろ、技術革新、進歩による価格の低廉化だ。逆にいくと同じ価格でより価値の高いものが手に入る。それを安いと言うのかどうか。だから私は一貫してデフレではないと言っている。確かにものは安くなるけれど、何とか50円で売らなければならないかというけれど、50円で売れるから売っている。100円で仕入れて50円で売っていたら、1年もたない。

 豊かな生活をするためには今のSMを一つのベースにして、それにAIやIoTなどを駆使しながら、さらに進みゆく新しい豊かな生活のための手助けを貫くことで、新しい豊かな生活とは何かと、しっかりと捉えながらライフサイクルに合わせていく。「お客さま第一主義」とは何か。お客さまは情報で先んじていて、われわれがそれを追っかけているかというと、そんなことはない。確かに昔のお客さまとは違うけれど、全てオールマイティのお客さまはいない。働く人たちは変わっていないようで動的平衡と同じで、変わらないために変わるんだと、そうしたことを意識しないでやっている。

『継続は力なり』。だから、自前で稼いで運営する

 概念的には本を読んだり、映像でできたりするけれど、現実に切り取ってどうなんだというのが「スーパーマーケット・トレードショー」。毎年同じようなことをやっていたら2度と行かないわけだけれど、少ない人数で皆さまのおかげで年ごとによくなっている。50年を越して今度は新しい世紀だ。1世紀は100年だけれど、流通の世紀は50年刻みでいきましょうよ。だから今度は新世紀。

 最初の頃は問屋とメーカーの展示会で、義理で出すこともあったが、そのうちに広がってきた。『継続は力なり』。新日本スーパーマーケット協会はトレードショーやセミナー、出版物にしても微々たるものだが、そうしたものを積み重ね、しかも自前で稼いで自前で協会運営ができるようなところまで来た。職員の給料は協会で直接払っている。今、40人くらいいるが、日本国中、そうしたところはない。