分かったつもりで仕事をしていませんか?

 今年も余すところ、あとわずか。来年の経営目標も決まり、そろそろ人時の予算を設定しておくタイミングがやってきました。

 少し前になりますが、とあるチェーン企業から予算についてのご相談があり、すぐに人時生産性についての取り組みを進めることになりました。それから半年ほどたった時の、その企業の社長の一言がこれです。「人時生産性の取り組みを進めていく中で、店長含め、店舗のみんなと共有して進めることの大切さを改めて痛感しています。人時予算を設定するとき、これまでは昨年ベースでやってきたんですが、このやり方は駄目だということが分かりました」

 言葉にすれば わずか数行なのですが、ここに至るまでには相当悩んで考え抜き、今までのやり方ではうまくいかないと気付かれたことと思います。

 人時生産性が低い企業は、このことが理解できません。『働き方改革』が叫ばれる中、本やどこかで聞いたことを基に「なるほど、ここがポイントね」「要するに〇〇ってことだね」「そこは専門家に頼んでるから」と分かったつもりで、現状のうまくいっていないやり方を続けているからです。

 1カ月やってみて、結果が伴ってないにもかかわらず、そのままであれば半年、1年たっても何も変わりません。そんな企業に多いのが、見聞きしたどこかの企業の改善事例を自社に置き換えて「こんな感じで、こんな風に……」とコツをつかめば簡単にできると思っていることです。

 冷静に考えてみれば分かることですが、物事の核心というものは突き詰めて考え抜くことで初めて分かってくるのであり、表層的なことをいくらいじっても分からないということです。

他社をまねしても簡単に儲けは上がらない

 このように、それまでのやり方を続けた結果、どうしようもなくなってから「どうにかなりませんか?」というご相談が増えています。

 人時生産性の取り組みは経営そのものであり、トップダウンで進めていくものです。体系化されたプランがないまま、レイバースケジュールを入れたり、現場の意見を聞いてから……というように、いきなりボトムアップ的なやり方で進めても、従業員の混乱を招くだけ。経営への不信感が募ることにもつながります。

「答えは現場にあるのではないか?」という声が聞こえてきそうですが、ビジネスは学校の授業のように、どれが正解かという答え探しではありません。課題を設定し、それをひも解くプロセスこそが重要なのです。

 例えば果物一つとっても、産地の気候や各農家の畑の状態によって、甘かったり、酸味が強かったりと全く変わってきます。隣の畑のやり方を見よう見まねでやっても同じ味にできないように、作り手の農家は自分たちの理想の味を目指し、1年間さまざまな取り組みをして作り上げた結果が、農家ごとの味になるわけです。

 小売業界も同じです。同業他社のやり方をまねしてできるほど簡単にいかないのはご承知の通りです。商品や建物施設は見えても、それがどのように利益に寄与しているのかは見えません。自社のあるべき姿を目指し、課題設定して1年間さまざまな取り組みをしてきたから、企業ごとに違う人時生産性の結果が出てくるわけで、その記録を塗り替えていくのは経営の使命といえます。

「それが分からないから困っている」という声が聞こえてきそうですが、人時生産性の改善には、記録を塗り替えるための課題設定とプロセスが必要であり、それを探してくるのが社員の役目になります。