青果売場は直営。「果」は果物、「菜」は野菜、「魚」は鮮魚、「肉」は精肉、「麦」はベーカリーなど売場表示は漢字1文字で表現している。

 良品計画はJR山科駅前のラクト山科ショッピングセンター内に無印良品 京都山科を2019年11月1日にオープンした。

 18年3月に開いたイオンモール堺北花田の店(大阪府)に続く「食」の大型専門売場を備えた2号店だ。生鮮三品の他、惣菜やグロサリーなど食品全般を扱う。フードコートも設けた。同店では漬物や惣菜、菓子といった食の専門店を12社導入するなど地元の事業者との協業をテーマに掲げている。

鮮魚売場では福井名産の鯖(さば)棒寿司を無印ブランドで展開(税込み2800円)。「名物にしたい」と松枝氏は意気込む。

 売場面積は約1190坪と関西最大クラス。百貨店の大丸が退店した跡に出店した。店は地下1階~地上2階の3フロア。地下1階と1階の一部が食品で、1階には「カフェ&ミールMUII」もある。1~2階では衣服雑貨と生活雑貨を扱う。

 生鮮三品を扱うのは堺北花田に次いで2店目。青果は直営だが、精肉は伊藤ハムフードソリューション、鮮魚は大水直売、惣菜は千惣、日配は京都中央物産と組む。またインショップ形式で京都で人気のベーカリー、豆腐店が作る国産大豆を原料にした菓子、漬け野菜の量り売りといった地元の専門店を導入した。フードコートには無印良品のカレー店をはじめ、農家が立ち上げた野菜スープ、うどんやロマン焼きなど5店が並ぶ。

漬け野菜の専門店「イソイズム」。京都で居酒屋や自家農園を営む五十家コーポレーションが運営している。

 店内で販売する野菜をベーカリーがパンに使ったり、漬け野菜をカレーに添えたりするなどパートナー同士が同じ素材を利用して無駄をなくす取り組みもしている。

キッチンカウンターでは店内の野菜を使ったメニューを提案。野菜ソムリエ3人で運営する。

 食の専門売場では6000アイテムを展開。無印ブランドは冷凍食品や調味加工、飲料など600アイテムと1割にすぎない。食品の売上げは店全体の5割を目指す。

 同店では「食べる・見つける・買う」をコンセプトに、生産者とつながって「物を売るだけではなく生産加工の過程など背景にある物語を商品情報と共に伝えていく」(松枝展弘同店コミュニティマネージャー)。

 良品計画の金井政明会長は「地域の人たちが健全な経済活動に参加し、豊かな文化を共に育てていく、人間的に温かい社会を共創していく根拠地にMUJIはなりたい」と話していた。

食に関する書籍をセレクトした「MUJIブックス」が店内空間を走るフードコート。
  • ◆無印良品 京都山科
  • 所在地/京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91 ラクト山科ショッピングセンター地下1階~地上2階
  • 売場面積/約3934㎡
  • 営業時間/10時~20時
  • 開店日/2019年11月1日
  • 展開企業/良品計画
地図エリア

 

※本記事は『販売革新』2019年12月号に掲載されたものです。内容は取材当時のものです。

※『販売革新』はオンラインストアや紀伊国屋書店など大手書店で発売しております。