サミットが部門横断で店内製造する「鍋セット」や「レンジで簡単調理セット」。生鮮部門で販売している素材を使って製造していることが特徴で、それを可能にできる店舗マネジメント手法は同社の強みの1つ。

 12月11日、サミットは東京都大田区に同区6店目となる大田大鳥居店をオープンした。サミットとして東京都83店目、全社116店目となる。大田区への出店は2010年の大森西店の出店以来。また、南西2kmほどの所にはかつてサミットストアであったオーケー南六郷店があるなど、サミットにとっては新商勢圏ともいえるエリアで、マルエツ、ライフが店舗網を築いている中で存在感を高める役割を担う。

ニトリの売場の一部、地下1階への出店となった。1次商圏、2次商圏ともに全社平均を上回る厚みを持つが、特に1次商圏では単身世帯、若年層が多いという。

 今回はサミットとしては珍しい出店パターンで、ニトリ大田大鳥居店の3つあったフロアのうちの1つに入居する形で地下1階に526.7坪の売場を確保した。産業道路の国道131号沿いに立地し、環八との交差点にも近く、ニトリとの相乗効果で広域集客が期待できる。

 サミットとしてはニトリとの共同出店は志村店(東京・板橋)での事例があるが、今回はニトリが売場を縮小し、そこにスーパーマーケット(SM)としてサミットが入る形で事情はやや異なる。ホームセンターなどが売場を縮小し、そこにSMが入る事例は他社でも見られ、今後もこうした形の出店はSMにとっても選択肢の1つとなり得るとみられる。何よりホームセンターとしては売場の効率を高められる上、集客上の相乗効果も見込めるというメリットがある。

 マーチャンダイジングは直近にオープンしたテラスモール新松戸店(10月24日オープン、売場面積571坪)とほぼ同様で、今期を最終年度とする中期経営計画を踏まえた「3年間の集大成」(竹野浩樹社長)ともいえる売場となっている。テラスモール新松戸店はショッピングセンター内への出店ということで、その意味では広域集客の店の出店が続いた。その意味では、「3年間の集大成」の売場の小商圏における真価は、20年2月オープン予定のフリースタンディングタイプの上星川店(横浜市保土ヶ谷区)で試されることになる。

サミットは「大総菜プロジェクト」と銘打って即食性の高い商品を強化している。青果売場の一角に作業室を設け、店内で製造した商品を「フレッシュサラダ&カットフルーツ」コーナーで販売。価格帯はシンプルな「トマトのサラダ(小)」の98円(本体価格、以下同)~298円と値頃。
鮮魚売場でも調理加工サービスも実施しながら丸物などを販売する「おさかなキッチンコーナー」に隣接して「煮魚・焼魚」コーナーを設置。素材、半加工品、さらには惣菜まで横並びで選べるようになっている。
精肉売場でも惣菜コーナーを設置。「グリルキッチン」コーナーとして肉惣菜を幅広く展開。夕方からは出来たての商品を売り込み、夕食のおかず、つまみ需要に対応する。
この秋から展開を開始した店内製造のレンジアップパスタ。これも部門横断での製造で、一部素材は生の状態から電子レンジで加熱することで完成する設計となっている。各生鮮部門で製造し、販売するのは冷総菜売場。
総菜、ベーカリーでは積極的に新たな商品にチャレンジ。ベーカリーではキッシュなどパンにとどまらない幅広い商品展開となっている。
ニトリのお客の利用も想定し、ベーカリーではドーナツをはじめスイーツを充実。バスクチーズケーキも販売している。
サミットでは商品がより引き立つように、照明を含めた演出面にもこだわった店づくりを進めている。ゴンドラエンドにスポットライトが当たるようになっている。
酒は第2主通路突き当たりの角にコーナー化。テラスモール松戸店では冷凍食品をこの位置に配置し、酒をゴンドラ内で展開していたが、大田大鳥居店ではそれを入れ替えている。
「お客様の声で品揃えしました」コーナーを設置。お客に寄り添った売場を志向していることが伝わってくる。
イートインコーナーのサミCafeもしっかりと設置。奥には子供の遊び場を設け、さらに保護者などがそれを見ながら休憩できるように席が設置されている。
  • 所在地/東京都大田区東糀谷2-12-22
  • 営業時間/9時~23時
  • 売場面積/1741㎡(526.7坪)
  • バックヤード/952㎡(287.9坪)
  • 駐車台数/250台(ニトリとの共用)
  • 駐輪台数/445台(同)
  • 店長/山口卓也
  • 従業員数/96.0人(正社員23.5、パートタイム・アルバイト社員72.5人、パートタイム・アルバイト社員は173時間/月=1人で計算)
  • 年商目標/26億円
  • 商圏内世帯数/1次商圏 (半径0.5km以内)、7749世帯(1万3808人)、2次商圏(半径 1.0km以内)、2万7901世帯(5万1089人)、3次商圏(半径1.5km以内)、5万5660世帯(10万1471人)
    地図エリア