メイクアップ、スキンケア、ヘアケア、ボディケア、フレグランスといった化粧品市場は毎年伸び続け、2018年の化粧品市場規模(メーカー出荷金額ベース)は約1.7兆円(経済産業省)となっている。

 化粧品に注ぐ女性(若い男性も)の視線は熱く、その勢いは衰えないが、美しくなりたいという願いはどの世代も同様。インバウンドの伸びは落ち着いているが、使用アイテムは増え、国内市場は堅調に伸びている。

ロフトのコスメ「売れ筋ベスト5」はこれ!

 化粧品をどこで買うか。百貨店、バラエティストア、ドラッグストアや総合スーパー、通販、ネット通販とさまざまなチャネルで販売されているが、注目は「バラエティコスメ」。バラエティコスメというのは、数百円~数千円の中低価格帯化粧品で、購買層も10代から50代以上と幅広い。百貨店と違い、いろいろなメーカーの商品を自分で見比べて選んだり試したりでき、気軽に購入できるセルフ販売スタイルが特徴で、ジュニア層やメンズも足を運びやすい。そのバラエティコスメを定価で販売するのが、プラザや東急ハンズ、ロフトなどだ。

 ここでは(株)ロフトの「ロフト ベストコスメ 2019」のインフルエンサー向けキックオフイベントをレポートする。

店舗とネットで2万アイテムの品揃え

 ロフトは、全国121店舗とロフトネットストアで約2万アイテムの商品を取りそろえ、そこから2019年の売上上位を「ロフト ベストコスメ 2019」として発表している。

 注目のトップ5は次の通り。

 1位はUV下地クリーム「ラ ロッシュ ポゼUVイデアXLプロテクショントーンアップ」(日本ロレアル)30ml3400円(税別)SPF50+PA++++

 肌のトーンを明るくし、保湿効果もあることから人気。光を乱反射させるテクノロジーが使われ、1年中UVケアが必要といわれている昨今、注目の一品になっている。

2位は「ザ・プロダクトヘアワックス」(ココバイ)42g1980円(税別)

 体中に使えるマルチバームは天然由来原料だけでつくられ、ミツロウやシア脂がうるおいを閉じ込める。こうしたナチュラル系の商品は、意識高い系の人たちに人気だ。