11月は天皇、皇后両陛下の即位パレードなど前半は慶事ムードに覆われた。しかし、文化の日絡みの3連休は天候に恵まれたものの、都心でも最高気温が20℃前後で推移したために冬物衣料が動かなかった。後半の「BLACK FRIDAY」商戦はテレビCMを投入したイオンでは集客、売上げとも好調だった模様。大型商業施設ではららぽーと系が同商戦を打ち出していたが今年は本来の「BLACK FRIDAY」が11月29日だったこともあり、各社の足並みがそろわなかったようだ。これからの11月商戦への取り組みについて課題を残した月度となったのではないか。

東京都の平均最高気温は17.7℃、平均最低気温は9.3℃と最高気温は昨年と同じ、最低気温は昨年を少し下回った。月後半)からの冷え込み(20日以降の平均最高気温は13.9℃が寄与した結果となった。

〈1位〉良品計画(既存店)売上高 104.1%*1、客数

113.4%、客単価 88.9%

【主要施策】無印良品週間11/1511/25(メンバー10%OFF)

【話題の取り組み】3日間限定特価11/22、23、24、~11/12 11/26まで期間限定価格、すべての毛にヤクわりがある(ヤクウールニット製品の訴求)

【注目アイテム】〔レディス〕首のチクチクをおさえた洗えるリブ編みタートルネックセーター(税込み2490円 期間限定割引)、ヤク入りウール畦編みモックネックセーター(税込み4990円 期間限定割引)/〔メンズ〕メリノウール ミドルゲージクルーネックセーター(税込み3490円 期間限定割引)

  中旬までは暖かな日が続いたが下旬に気温がようやく低下してきたことで徐々に冬物の動向が上がり、衣服・雑貨ではヤクウールのニット、軽量ダウンベスト、パジャマ、肌着が好調に推移した。生活雑貨では厚手毛布などの季節ファブや、主力のH&Bのケア用品の売上げは堅調だったが、前月末の良品週間の影響もあり、ベッド、ソファ、収納家具などの大型商材が伸び悩んだ。

〈2位〉ユナイテッドアローズ(既存店*2 売上高101.6%、客数100.5%、客単価99.3% 

【主要施策】アウター&ニット15%OFFキャンペーン11/20~12/1(ビューティ&ユース)

【話題の取り組み】アウターキャンペーン10%OFF11/20~12/01(グルーンレーベル)

【注目アイテム】〔レディス〕【別注】<DESCENTE ALLTERRAINMIZUSAWA DOWN /水沢ダウン(税込み13万200円)、【別注】<DUVETICA> SAOIRSE ダウンジャケット(税込み10万7800円) /〔メンズ〕:Karrimor × Steven Alan マウンテンパーカー(税込み3万6900円)

  メンズのアウター需要、ビジネス需要が弱めだったものの、メンズ、ウィメンズともシャツ、カット、ニット、パンツなどの秋物商品が好調に推移し、小売+ネット通販既店売上げは前年同期を上回った。11月は前年同月に比べて休日が1日多く、小売+ネット通販既存店売上高前期比に対してプラス1.7%程度の影響があったと推測される。