今は視察の殺到する米国のスーパーマーケット、ウエグマンは、かつてナショナル・ブランドとそのイミテーション廉価版のピービーを品揃えした、並みの中小スーパーマーケットにすぎなかった。当然、他の並みのスーパーマーケットと同様に、価格以外の競争手段はあり得ず、そこに未来はなかった。その時、当時の会長が日本を訪れ、イトーヨーカドーの「お惣菜売場」を見て、ヒラめいたのである。それが今日のウエグマンのミール・ソリューション売場の礎になった。世に知られたエピソードである。

 だがこのエピソードの要諦は、ウエグマンが「悩みを抱えていて、対策を必死になって考え続けていた」、ということにある。考え続けていたからこそ、イトーヨーカドーでヒラめいたのだ。彼はイトーヨーカドーや日本の流通業の事情やデータに、詳しかったから、ヒラめいたのではない。イトーヨーカドーのお惣菜売場が、米国で喧伝された成功例だったはずもない。日本の米国への異常な関心と対照的に、米国は日本流通業に全く無関心である。だからウエグマン氏は、日本流通業の事情に詳しかったわけではない。

 米国流通業事情に詳しくなることは、経営に詳しくなることとは、何の関係もない。そのことに気付かないことこそ盲点である。そしてそれに気付かないのは、いつまでたっても「米国お手本」説いや実は「米国をお手本にして成功したビッグ他のチェーンというお手本」説に、今もなお無意識にとらわれているからである。今なお業界に垂れ流され、ありがたがられている「米国流通業事情」の紹介が、それを加速させている。

 先に米国在住の案内人が無意味である、と指摘した。だが実は本当に悪いのは案内人自身ではない。悪いのはむしろ、その案内人のいう米国生活・米国流通業に関する在住者ならではの情報知識を、見上げるように耳を傾けて聞いてしまう、日本人視察者の方である。客が賛嘆して聞くから、実は素人でしかない彼らが、自分のいうラチもない米国流通業事情や聞きかじりの情報・データの類いを、よほど値打ちがあるもの、と錯覚してしまうのである。視察者は訪米は初めてであっても、経営についてとにもかくにもプロである。にもかかわらず、経営についてはズブの素人である案内人が、夜郎自大になってしまう理由はここにある。もちろん、彼らの中にもこの事情をちゃんと弁えたものは何人かいるが。

 視察者と案内人を、ともにカン違いに陥らせているのは、確かにいわれのない「米国流通業お手本発想」「米国流通業事情盲信癖」である。だがもっと深刻なのは、相当なベテランであるはずの、教育担当者である。案内人を手配するのは、教育担当者である。教育担当者はベテランであるからこそ、先に指摘した「米国流通業事情通・お手本発想」により深くとらわれている可能性が高い。だから案内人がいなければ、「先進国事情」には素人!である視察者には、理解できるわけがない、と好意的?誤解を犯してしまう。本当は観光目的なら、それに徹すればいい。米国は日本ではできない快楽体験の宝庫である。

 経営に携わっているものは、新入社員から役員まで、必ずそれなりの「悩み」あるいは「課題」を抱えている。何を見て・何を得るかは、それがどれほどの「悩み」あるいは「課題」であるか、によって異なる。ウエグマン氏がヒラめいたのは、イトーヨーカドーを「お手本」だと考えて見たからではない。彼の経営のプロとしての「悩み」が大きく深刻だったことと、米国には存在しない「お惣菜売場」を見たことが、ヒラめきを生んだ。

 だが盲点の指摘だけでは、片手落ちである。では、どう考えればいいか。

 1つは米国に限らず、他の外国も見ることである。そう考えたとき、流通業という視点で、今、最も見るべき外国は、中国ではないか。中国には、明らかに新しい流通業の方向が見える。それは米国とも日本とも異なる、もしかしたらもっとも新しい流通業の在り方が見られるかもしれない。中国は、革新性という点では、日欧をはるかに超えて、米国に並ぶ。少なくとも私個人が欲しいのは、米国のではなく中国の流通業情報である。

 だが日本では今のところ、個別の事例や事象は紹介されるが、中国の流通業全体の情報は、ついぞ紹介されない。今や陳腐といっていい米国流通業事情紹介より必要なのは、中国流通業事情の紹介でこそあるのに。

 それは真の「戦略的思考」が欠如しているからである。中国は長い間、後進国であった。流通業についても然り。だがそのことは一発逆転のチャンスを意味する。後進国であったからこそ、さまざまな既存の事情にとらわれずに、最先端の技術を採用することができる。南米やアフリカで鉄路ではなく空路の開拓が主になっているのは、その例である。イノベーションの採用において、中国流通業には、今でもまだ「お手本」無しではやっていけない心性の日本流通業界とは大違い、独立不羈の気構えがある。

 キャッシュレスやネット流通業の成功は、その一例でしかない。断っておくが、私は中国への流通業の進出を勧めているのではない。独裁国家ではこれからどんな強権が振るわれるか、知れたものではないからだ。私は、中国流通業にこそ、見るべきものが多いはずだ、と見当をつけているだけである。ウエグマン氏は、明らかに当時米国より遅れていた日本でこそ重要な戦略・技術上のヒントを手に入れた。われわれも明らかに日本の流通業事情とは異なる中国で、ヒントを手に入れることが出来るのではないか。

 そして2つは、では米国では何を見るか、である。一言でいえば、米国で見るべきなのは、日本に存在しないもの、体験できないもの、である。元々外国に行くのは、観光も視察も、日本にいたのでは見ること・体験することのできないものを見るため、である。外国へ行って、やはり人間・人情は同じだ、と感心するのは、センチメンタリズムでしかない。見るべきは、「日本に存在しない」ものである。例えばホーム・デポ、ホールフーズ、トレーダー・ジョー、ダラ-・ストア、ウエグマン、ターゲット、アルディ、コンテナ・ストア、ビクトリア・シークレット、オールド・ネービー、BBB、フード・ホール……。ここにウォルマートを加えてもいい。なぜなら米国ウォルマートは、日本で失敗したウォルマートとは、全く異なる存在であり、日本で体験できない存在であるからだ(日本にも数店舗ある、退店した、ネットで買える、といった事実は見ない理由にならない、それは十分に「見ることのできないもの」であり得る)。

 一番くだらないのは、自社に似ている店やチェーンを見ることである。10~20店の田舎のスーパーマーケットを見て感心することが愚行なのは、それこそ大チェーンが覇権を握った世界では、その程度のことしかできない・窮余の一策でしかないからである。

 なぜそういえるのかは、逆に米国流通業界の人が日本を訪れたときのことを考えてみればいい。彼らに見せるべきものは、セブン-イレブン、ダイソー、東急ハンズ、ワークマン……などの米国に存在しない流通業ではないか。米国人が、米国流通業をお手本にしたビッグストア他のチェーンを見て、納得するはずがないではないか。ウエグマン氏が訪日した時、往時のイトーヨーカドーの「惣菜売場」は、たしかに米国で体験できないものであった。

 

島田陽介先生のメールアドレス:shimad@msb.biglobe.ne.jp

※本稿は島田陽介先生のアドレスにアクセスした方に「今月の提言」の形で送っているものの加筆訂正版です。