いよいよ消費税増税、軽減税率制度がスタートしました。今回の税率は軽減税率を採用したため、非常に分かりにくくなっています。消費者が混乱するのは当然ですが、販売する側のスーパーマーケットでも混乱が起きているようです。

「軽減税率」が分からないときはどうすれば……。

 10月1日放送されたある番組で、スーパーマーケットと中継をつなぎ、どれが8%で何が10%なのかを、スーパーマーケットの社長が説明していました。

 レポーターと一緒に8%なのか10%なのかを説明している中で、社長は「鏡餅は10%です。刺身などに添える菊は食べられないけれど8%です」と答えていました。鏡餅は容器に入っている餅が食べられるとしても10%、菊は食べられない(食用菊ではない)けれど8%という意味に聞き取れました。

 筆者は食べられるのに10%、食べられないのに8%というのは間違っているのではないかと思い、国税庁(軽減コールセンター)に確認しました。国税庁は、次のように説明してくれました。

「食べられる鏡餅を飾り用として販売する場合は10%、飾り用でも食べられるとして販売すれば8%になります。販売する側がどういう販売方法をするかで税率が変わります。菊の場合も、食用菊のように食べられるのに添え物として販売すれば10%、添え物でも食べられるとして販売すれば8%です。ただし、食べられないのに8%で売ることはできません。」

 国税庁の説明は的確です。つまり、食品表示法に規定されている食品でも、食品として販売するのか、非食品として販売するのかで税率が変わってくるのです。それは、全て販売側の責任になるのです。

 このスーパーマーケットの社長は、誰から聞いたのかという問い掛けに「市場に聞いた」と答えていました。鏡餅がどうして10%になるのかという理由は分からないということでした。市場側が誤った説明をしたとは思いませんが、こうした問題は国税庁に尋ねるべきです。

 こんな複雑怪奇な仕組みにしたので当然といえば当然ですが、国税庁のホットラインでは、何が8%で何が10%なのかを、消費者でも事業者でも親切に答えてくれます。

 消費者が分からないのは仕方ないですが、販売する側の小売店が正しく理解していなければ、消費者に不利益を与えかねません。販売する側も、何も知らず鏡餅を10%で販売していれば、よく知っている店が(というより、食品をわざわざ非食品で売る店は少ないでしょうが)8%売っていればお客を取られることになるでしょう。

 そればかりか「食品なのに10%売って儲けている」という評判が立てば信用問題にもなりかねません。販売する側は、できるだけ消費者利益になるような販売の仕方をしなければなりません。非常に紛らわしい軽減税率制度ですが、コールセンターを活用し、正しい知識を持つことが大切です。

  • 国税庁:軽減コールセンター(消費税軽減税率電話相談センター)
  • 電話番号/フリーダイヤル(無料)0120-205-553
  • 受付時間/9:00~17:00
  • ※令和元年10月は土曜日・日曜日・祝日も受け付けています。