ソフトバンク子会社のヤフーは9月12日、「ZOZOTOWN」を運営するZOZOにTOBを実施して発行済株式の50.1%を買い付け、子会社化すると発表。創業者の前澤友作氏は同日付で代表取締役並びに取締役を退任、ZOZOTOWN事業を担当する澤田宏太郎取締役が代表取締役社長兼CEOに就いた。前澤氏のワンマン経営で屋台骨に響く失策が続き、財務的にも厳しくなっていたから「必然の結末」に見えるが、実態は創業者による事業譲渡劇だった。

ZOZOの収益力は衰えていない

 TOBによる企業買収というと会社が会社を買うイメージだが、今回のケースは創業オーナーによる持ち株譲渡というイグジット劇で、経営に行き詰まった会社が身売りするイメージとは大きく異なる。

 ZOZOSUITに始まってPB、ZOZOARIGATOと大失策が続いて大きな損失を被り、収益も成長も陰りが見えていたとはいえ、ZOZOは依然、高い収益力を維持しており身売りするような経営状況ではなかった。

 一連の大失策とて、18年3月期に48億5000万円、19年3月期に72億9000万円の損失を計上して敗戦処理もあらかた終わっており、20年3月期以降は足を引っ張ることはないはずだ。大失策が始まったばかりの18年3月期では201億5600万円。大失策が直撃の19年3月期でも159億8500万円の税引後純利益を稼ぎ出すZOZOにとっては、一連の大失策で失った資金もたった一期で取り戻せる程度の向こう傷だった。

 三大失策による損失とは別に、宅配料金値上げと倉庫運営人件費の上昇による54億8000万円(19年3月期)は今期以降も営業収益を圧迫するが、敗戦処理が終わって損失負担がなくなれば収益性は大きく回復するので、20年3月期の会社目標営業利益320億円はともかく300億円の大台には難なく回復するだろう。

EC全般が勢いを失いつつある

 20年3月期の営業利益が会社目標には届かないと見るのは、ZOZOに限らず19年に入ってEC全般の伸び率が鈍化しているからで、ZOZOが目標とする取扱高の13.6%という伸びも苦しい。実際19年4~6月期の伸び率は12.5%と前年同期の18.2%から七掛け以下に減速している。

 

 取扱高や売上げの伸び率鈍化はZOZOに限らず、宅配運賃値上げなど物流コスト増を顧客の送料負担に転化したほとんどの事業者に共通しており、宅配便大手3社の合計取扱個数は19年4~6月期で前年同期比0.9%増と伸びが止まり、ポスト投函の「ネコポス」「ゆうパケット」を除けば97.2%と失速している。

タダで届くと思うんじゃねえよ』は顧客の期待を裏切る最悪の対応だった。『タダで届くからEC』というのが顧客の本音で、もとより宅配料金が高かった欧米では送料取るなら店受け取りを選択するというC&Cシフトが急伸している。

 ZOZOも在庫を預かるフルフィル型に固執すれば物流費が逆ザヤになりかねず、FBZ(フルフィル・バイ・ZOZO)を成長の柱にすれば収益力が急落するリスクが指摘される。ZOZOの倉庫運営はお世辞にも効率的とはいえず、ITどころかメカトロにも遠い人海戦術のままだから、スルー出荷型自動倉庫に切り替えて飛躍的に効率化するか、物流負担を回避しC&Cを進める大手アパレルの離反も避けられるドロップシッピングに切り替える決断が求められる。

 倉庫運営を飛躍的に効率化できればローカル運送業者の活用と組み合わせて物流コストを大きく落とせるから、『タダで届けます』と顧客に擦り寄ることもできるのではないか。

資金繰りもヤバくはなかった

 資金繰りにしても、現預金が18年3月期末の245.71億円から19年3月期末に215.60億円に減り、直近四半期末も189.74億円に減少しているが、PBもやめて在庫の圧迫も解消されつつあるから、資金繰りに窮するという状態ではない。18年6月末に22.3%まで急落した自己資本比率もわずか1年で31.2%まで回復し、純資産も前期末の225.28億円から6月末には249.02億円まで回復しており、「稼ぐ力」が衰えていないことを実証している。

 前期に資金回転が悪化したのは大失策による出血とPB在庫が圧迫したからで、もとより売上げ手数料商売のZOZOは敗戦処理が終われば資金回転の回復も早い。資金繰りがヤバくなって外部資本を導入したという見方は全く当たらない。

 18年3月期まで無借金だったのが前期に220億円に急増したのも前澤氏の持ち株を購入するのに244億1299万円を要したためで、自己資本比率が18年6月末に22.3%に急落したのも同じ理由だ。当座貸越300億円、シンジケート方式のコミットメントライン契約150億円、計450億円の銀行借り入れ枠もあり、多少は勢いが衰えたとはいえ、事業運営には破綻リスクは全くなく、会社は身売りするような状態ではなかった。