〔撮影〕高橋稔

「健康に良い」「痩せる」食材としてブームも一段落し、すっかり定着したサバ缶。

 サバ、イワシなどの青魚は何といっても必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸「EPAとDHA」の血管若返り効果や、脂肪燃焼効果が期待できることはご存じですよね。

 さらに、「EPA」“痩せホルモン”といわれるアディポネクチンの分泌を促す、優れたダイエット効果があります。

缶詰は「汁ごと・骨ごと」でEPA、DHAが生の2倍!

 サバ缶ブレイクの理由は、「生よりも優れている」点があること。

 サバ缶のEPA、DHAは生のサバの2倍以上と高い数値となっています。これは、栄養が豊富な皮、内臓、骨に近い部分と通常なら捨ててしまいがちな部位もしっかり食べられるから。その栄養分が溶け出した汁ごと飲むことで、効率よくオメガ3がとれるのです。

 骨ごとカルシウムを摂取できるのも「缶詰ならでは」。カルシウムは骨粗しょう症予防はもちろん、脂肪燃焼にも必要な栄養素。イライラ予防にも働いてくれる重要な栄養素です。

シンプルな「水煮」はヘルシーかつアレンジ自在!

 サバ缶の人気により、その味のバリエーションも増えています。いろいろな種類がありますが、やはり「毎日食べられる」常食としては、水煮がナンバーワンです。

 調味料は塩だけなので、気になる糖質はほぼゼロ。サバの良質な脂肪分・オメガ3のみを摂取できます。

 シンプルにサバと塩だけだから、食材としても使いやすく、料理のアレンジも自在です。

 今回、試食したのは6品。「毎日買える商品」というコンセプトで、コンビニ、スーパーマーケット、ネットなどで買える300円以下の商品に限定しました。

 高級サバ缶も増えましたが、缶詰の良さは「手軽さ」だと思っています。魚は毎日食べてほしい食材。魚離れの日本では、缶詰で魚をもっと気軽に摂取してほしい!と願います!

 ここからはあくまで個人的な好みのランキングです。ご了承くださいませ。では早速、参りましょう!

6位:カルディオリジナル さばの水煮 190g

 
【図】デザインデプト東京9392 荘司邦昭

 まず、「映える」パッケージはダントツ1位。量もたっぷり190g。価格も200円以内とリーズナブル。サバ自体はそのままよりも、スパイスやチーズと合わせることをお勧めします。カルディお得意のスパイス入りガーリックオイルやトマトソース、チーズと一緒にお皿に入れてレンジでチン! ワインのおつまみの出来上がりです。こうすることで、サバ缶購入率の低い20代男女のトライアルになってくれることを期待します。

5位:いなば ひと口さば水煮 115g

 この食べ切りの119gというサイズ感がいいですね。通常190g缶の約半分。「ひと口」というネーミングだけあり、小ぶりのサバが入っています。もう1品、少しだけほしい、ちょっと料理に添えたい、というときに便利です。このサバ水煮はショウガが入っていて、サバの臭みがなく食べやすいのが特徴。歯応えがあり、しっかり煮込んだタイプです。そのままでも食べられますし、日本そばやラーメンなどにトッピングも合います。そのまま冷ややっこに乗せてもグッド。

4位:ローソン さば水煮 190g

 たっぷり190g。大振りサバの身がぎっしりと詰まっていて、食べ応え十分。190g缶の中では最もコスパが高く、毎日の常食にはうれしいです。食塩相当量は1缶当たり2.3gと、塩分がしっかり効いてサバの臭みを取る味付けなので和風にも洋風にもアレンジ自在。骨ごと、大きめにごろっと入った身を生かしてみそ汁やトマトソース、カレーなどの料理アレンジをお勧めします。大きな身をしっかり噛むことで血糖値の急上昇を抑えられます。

3位:セブン-イレブン さば水煮190g

 こちらもたっぷり190g。ローソンよりも10円程度高い値段設定です。この商品の特徴は「大きな身がぎっしりと詰まっていること」で開けた時も身崩れしていません。こちらもサバの臭みを取るために1缶食塩相当量が2.1gとしっかり入っています。野菜や豆腐と一緒に食べるのがお勧め、カリウムが余計な塩分を体外へ排出してくれます。ブロッコリーやトマトなど緑黄色野菜たっぷりのサラダにのせて「サバサラダ」、ダブルタンパク質で美ボディにぴったりの「サバ冷ややっこ」も、サバの脂と塩分がいい味付けになります。

2位:マルハニチロ さば水煮月花(プルトップ缶) 200g

 ローソンやセブン-イレブンと比べると100円ほど高い値段設定。開けてみると、スープが多く、サバの身はゆったりと入っています。非常に脂乗りがよく、DHA、EPAが溶け込んだたっぷりのスープが非常においしかったので、温めてネギと小松菜に油揚げをたっぷり入れて煮浸しにして頂きました。だしいらず、サバのうま味が生きます。サバ自体が濃厚でおいしい缶詰でした!

1位:伊藤食品 美味しい鯖水煮缶 190g

 私の選んだナンバーワン。まず見た目のサバ身と皮目の色が美しい(これ大切ですよね)。私はかなりのサバ好きですが、脂が濃過ぎると胸焼けします。その点、この商品、脂は乗っていますが決してくどくなく、「水煮としておいしい」。毎日でも食べたくなる「缶詰」としてのバランスが素晴らしいです。文句なしの1位です。

 中まで火が均一に通っていて、口当たりがよく、沖縄シママースは塩が立っていない優しいうま味を感じます。食塩相当量は1缶で約1.5g(100g当たり0.8g)と控えめですが十分。これだけこだわった内容で200〜250円前後と決して高くない価格設定も好感が持てました。原料のサバだけでなく、塩や製法など「水煮」という料理として毎日でも食べたくなる味。これなら、魚嫌いの子供たちから塩分を気にするシニアまでオススメできます。

 食べ方はシンプルに、玉ネギのみじん切りをたっぷりの「サバタマネギ」で!

 いかがでしたか? 次回は、新たなおいしさ発見!「サバ味付け缶編」です。