(株)吉野家ホールディングス 会長 安部修仁氏  〔プロフィール 〕1949年9月生まれ、福岡県出身。高校卒業後プロミュージシャンを目指して上京し、R&Bバンドを結成して活動する傍ら「吉野家」でアルバイトとして働いた。1972年に(株)吉野家(のち吉野家ディー・アンド・シーを経て現在の吉野家ホールディングス)に入社。1992年42歳で代表取締役社長に就任、2012年9月代表取締役会長に就任。この間、1980年吉野家倒産、2003年12月アメリカでBSE問題発生(2004年2月11日より牛丼の発売を停止し2006年に再開)をはじめとした、数々の難局を乗り越えた。 撮影/千葉太一

 料飲稲門会(会長/桑原才介)では(株)吉野家ホールディングス会長安部修仁氏のセミナーを開催。当日会場には100人を超える聴講者が参集した。

 料飲稲門会とは早稲田大学OBの飲食業関係者、飲食業に興味を抱く学生等で運営されている交流会。また、早稲田大学関係者でなくても友好会員として活動への参加を歓迎している。

 前回までの記事では、吉野家の事実上の創業者 松田瑞穂氏の話や、吉野家が急成長し倒産した理由、店舗に牛丼が消えた期間を中心に話を進めた。今回は「承継者から承継者へ」について、安部氏の講演をまとめた。

前回までの記事はこちら↓↓

吉野家HD会長 安部修が語る「おやじの教え」

②「吉野家」が急成長し倒産したワケ

③「吉野家」から牛丼が消えた日々

「新しいマーケット創造」にチャレンジ

 吉野家がホールディングス体制に移行してから、私は一度、事業会社の吉野家から外れたのですが、その3年目に赤字になったことがあります。赤字か黒字かは決算上の技術的なことなので大層なことだとは思っていません。

 私が問題視していたことは、この時の執行者が自信を無くしていたということです。コンペティターを追随していることがそう見えました。そこで私は「吉野家は存在感を大事にしているのに、存在感を無くしている」と考えて、再び執行者に戻りました。経営にはもちろん数字が伴わなければいけませんが、「存在感を復興させる」ということが第一義でした。

 この時、オフェンシブ(攻撃的)には新しいマーケットをつくることに努めました。完全に後退する前にタブーはないというメッセージを込めて、「商品価値を新しくつくる」「サービス価値をつくる」。つまり、新しいマーケットをつくるために「新しい顧客創造」「新しいオケージョン」「新しい用途をつくる」ということです。

 

 そのためには新しい商品価値があるものをつくらないといけない。サービス価値も新しいものにしないといけない。これで取り組んだのが「牛すき鍋膳」という商品です。

 商品を発売する時のキャッチフレーズは「うまい」「やすい」「ごゆっくり」でした。これまでお客さんの在店時間は8分間でしたが、この商品での在店時間は15分間です。

 このキャッチフレーズは、吉野家が「ごゆっくり」と言うものだからとてもインパクトがあったかもしれない。ではなぜ、このような言い方をしたのか。

 これまで吉野家は「うまい」「はやい」「やすい」と言っていたので、ご婦人方をはじめ多くの人は、吉野家では早く食事をしないといけないと思っていた。でも、ここの「はやい」はクイックサービスのことなのです。お客さまは食事を召し上がるのは「ごゆっくり」していいのです。

 しかしながら、象徴的な新商品とキャッチフレーズの呼び掛けで、ご婦人やファミリーなど、これまでにない利用動機の方々が増えました。

マネジメント能力よりもチャレンジングスピリッツ

株式会社吉野家ホールディングス 代表取締役 河村泰貴氏

 22年間社長を務めてきた中で、役員連中とともに「チーム安部」といわれてきた時期もあります。この役員連中に執行者の役割を禅譲したところ失敗したということもありました。そこで、後継は「スキップ・ジェネレーションしよう」と考えました。

 吉野家には国内、海外を含めて6~7人の執行者がいるのですが、この中から実績を出して、スキルのある人間に対しては松田(瑞穂)流で次のステージに高速配転をしました。1つのところに2年ないし長くても3年間も置いておかず、別の異能の体験を積ませながら、より高いステージを提供して、どのようにこなすかというスキルを養ってもらいました。

 私は1949年9月生まれですが、吉野家ホールディングスの新しい社長は1968年11月生まれの河村泰貴に禅譲しました。2012年のことです。

 私は継承者への期待条件を3つ挙げます。

1つ目は、人を大切にしているかどうか。

2つ目は、実績を上げた、そのスキルが高い。

3つ目は、チャレンジングスピリッツがある。

 1つ目の「人を大切にしているかどうか」について。

 私は社内で「吉野家塾」というものをやっています。ここでは「人を大切にする」ということを話していますが、松下幸之助さんの話を私流の解釈で行っているものです。松下幸之助さんに「経営とは何ですか」と質問すると、「人間をよく知ることです」という。

 この部分を私が翻訳すると、こうなります。「お客さまは、うちに何を期待して、何に失望されているのかということをよく知る」「従業員は、何に感動して、何に失望するのかということをよく知る」「『お客さまと従業員をよく知る』ということは経営の必須条件である」ということです。

 彼は、商売を発想することと実践することとは、「お客さまを大切にしているか」「部下である従業員を大事にして育成しようとしているか」。このようなことを観察することに努めることだといいます。

 2つ目は「実績を上げた、そのスキルが高い」について。

 経営者という存在は、自分というものがほとんどなくて、ステークホルダーのお客さま、従業員、取引先、株主、それぞれの立場の人たちにどのように喜んでもらうかという機関、機能体です。ですから、そのための役に立てる力がないといけない。

 3つ目の「チャレンジングスピリッツがある」について。

 これまで私はトップ人事においてミスキャスティングをしたことがたくさんあります。それは過去、マネジメント能力の高い人間は経営能力が高いと思っていたからです。ここでいうマネジメント能力とは、平時における問題解決能力と改善能力です。

 この連中に経営もうまくいくだろうと思って任せても、彼らのマネジメント能力はリスクヘッジを軸にしてしまいがちです。経営とは未来を創っていくことなので、比較論でいうとリスクテイクしないといけない。

 ですから、トップに立つ人は「問題解決能力と改善能力」を必要条件として養った上で、未来を創っていくための覚悟を持ったリスクテイクに踏み込めることが必要だと思います。

自分で発想した成功は何十倍もの喜びとなる

 そこで、トップに立つ人物の行動として「リスクテイクをしているか」、小さい事業を任せてみて「自分の発想で政策を掲げてそこにチャレンジするという勇気とその踏み込みがあるか」。このように、彼が何を問題意識として抱いて、どのような未来を志向して取り組んでいるかということを眺めています。

 今もそうですが、基本的に放任、放置です。「これは間違えるのではないか」ということは少なくないのですが、私も40代、50代の時には失敗することの方がはるかに多かった。

 しかし、彼は私の発想ではやらないことを考えます。それが、1~2割のことであっても、2~3割であっても成立するものであれば未来を創っていくのです。転びそうになったときに手を差し伸べるということをしない。「転ぶなー」と思いながら、転ばせて血を流させる。すると痛みを通じて覚える。

 成功も、人から言われて成し遂げた成功よりも、自分で発想した成功の方が何十倍も喜びとなる。人から言われた失敗は、もちろん役割ですから反省はしますが、本当の反省なんかしていない。皆、「上司が決めたことで失敗した」と思っている。自分で決めた失敗は、本当に細胞に植え付けられる。

 ですから、私は河村社長に成功も失敗もやらせている。ということが、吉野家を担っている「スキップ・ジェネレーション」の連中に対する私の思いです。

(最終回)「事業継続のため『変えるべきもの』『変えるべきでないもの』」へ続く

〈株式会社吉野家ホールディングスの概要〉

  • 1899年 当時、東京都中央区日本橋にあった魚市場に個人商店として「吉野家」が誕生
  • 1926年 魚市場が築地に移転したことに伴い同地に移転
  • 1958年 松田瑞穂氏(実質的な創業者)が資本金100万円で株式会社吉野家を設立
  • 1973年 アメリカ・デンバーに牛肉の買い付けを目的としたUSA吉野家を設立
  • 1977年 吉野家国内100店舗突破
  • 1978年 吉野家国内200店舗突破
  • 1980年 会社更生法申請
  • 1987年 当初計画より早く更生、債務100億円を完全返済
  • 1988年 ディー・アンド・シーと合併、社名を株式会社吉野家ディー・アンド・シーへ変更
  • 1990年 店頭登録銘柄
  • 1992年 代表取締役社長に安部修仁氏就任
  • 1996年 吉野家国内500店舗突破
  • 2000年 東京証券取引所第1部に上場
  • 2001年 「吉野家」世界1000店舗突破
  • 2004年 米国産牛肉輸入禁止措置により、牛丼を一部販売休止。「吉野家」国内1000店舗突破
  • 2006年 米国産牛肉輸入再開により「牛丼」復活(完全復活は2008年)
  • 2007年 吉野家ホールディングスグループの純粋持ち株会社として、社名を株式会社吉野家ホールディングスに変更。同時に新設分割会社として、株式会社吉野家を設立
  • 2012年 代表取締役社長に河村泰貴氏が就任
    • グループ合計3433店舗 日本国内2476店舗、海外957店舗
    • (中国〈香港を含む〉610、北米102、インドネシア104、台湾74、タイ21、マレーシア17、シンガポール14、フィリピン12、カンボジア2:2019年4月度末時点)